アラフォー女バックパッカー、 陸でもマイルを貯める

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女バックパッカー、 陸でもマイルを貯める

働きながら、少ない給料と有給休暇をフルに使って旅をしてきた勝手気ままな女が、陸マイラーという概念に出会った物語(現在進行中)。旅の話や旅で撮った写真もはさみつつ。

マイルでGETする特典航空券と、普通の航空券とでは、旅の中身が変わってくる話

マイラー活動 マイラー活動-マイル

マイル、マイレージは空の上の夢の世界の話?

f:id:norimakiararechan:20170329001353j:image

「マイルを貯めたら飛行機にタダで乗れるらしい」くらいしか知らない人が世の中にまだまだたくさんいます。自分には縁のない話…と諦めている方も多いはず。

その少し先に、「マイルを貯めたい!」と思って頑張ろうとしてる方もたくさんいると思います。もちろん私もです。そしてどうやったいいのか途方に暮れている人ももしかしたらいるんでしょうね。(そういう方は過去記事へ)

マイルって何?とか、マイルの貯め方については、いろんなサイトで丁寧な説明がたくさんのっていますのでそちらを参考にしてくださいね。

私も、マイルで獲得した特典航空券で旅をしたことが何回もありますが、本気モードの陸マイラーになったのは最近なので、これまでの旅の大半は、普通にLCCとか、その他の航空券を買って旅をしています。バックパッカーの方々は、そういう方が多いんじゃないでしょうか?

そこで、私は、これからマイラーとして、本気でマイルを貯めるモチベーションUPのために、

特典航空券と普通の航空券とでは旅の中身がどう違うのか、これまでの経験から感じたことをお伝えしたいと思います。

(あくまで、節約をモットーに、費用を安くあげれたことを自慢するような、絵に描いたような典型的なバックパッカーがしている旅との比較になりますので、そこはご了承ください。もちろんエコノミーだしLCCにも乗るし安宿です。)

行き先の選び方が違う

まず、貯めたマイルで交換した特典航空券で旅をしようと思って行き先を考える時、普段の旅と順序が変わることがあります。

バンコクに行きたい!と思って旅の計画を立てるのが普通の旅だとしたら、

特典航空券を使った旅は、例えば、4万マイル貯まってるけど、このマイルで行ける所はどこがあるだろう?という考え方をすることができるのです。f:id:norimakiararechan:20170328211218j:image

ANAのサイトで見て、4万マイルあれば、ローシーズンでエコノミーならアジア2のゾーンに行けると気づきます。

f:id:norimakiararechan:20170328211327j:image

アジア2の候補地としてあがってるリストを見て、「ヤンゴンって行ったことないなー」と思ったとします。

「いい機会やし、ヤンゴン行ってみるかー!何あるか知らんけど。ワクワク。」

みたいに、普段選ばない場所を旅先に決めることもできちゃいます。

これは、マイルありきの発想ですね。

 また、ANAに限らず、スターアライアンス提携航空会社を選べるので、トルコ航空の機内食おいしいらしいし、それに乗ろう!みたいな選択もできます。CAさんが綺麗と噂だからとかでも選べますね。

 かかったはずの航空券代を他のことに回せる

これが一番大きい違いです。

むしろ、コレに尽きます!

海外旅行の予算の中でもっとも多くを占めるのが航空券代では?それが遠ければ遠いほどお金がかかります。それがスコンっとタダだったとしたらどうです?

例えば

食に回せる

普段は地元民が行くような食堂でカレーを食べたりするところを、旅猿で東野と岡村が行っていた高めの店に行ってみるか?なんて思える。何なら、コース料理食べちゃう?みたいな調子に乗ったことができます。

f:id:norimakiararechan:20170329000946j:image

ホテルのグレードを上げれる

AC付きのホットシャワーつきの部屋にしてもいいかな?なんて思える。

テラスがある部屋、オーシャンサイドにしてみる、プールのあるホテルにしてみる等の選択肢が広がります。

移動手段がワンランク上がる

f:id:norimakiararechan:20170329002203j:image

リクシャーをバスに、バスをタクシーに、普通車を特急に変えたりして。そうすると時間に余裕もうまれてきますね。しかも、安全もお金で買えるってやつです。

お土産を奮発できる

f:id:norimakiararechan:20170329000553j:image

モロッコ雑貨って何個でも欲しい…

安いマーケットで、いわゆる「ばらまき土産」をまとめ買いなどしていたところを、ちょっといい感じの店で紅茶を買ってみたり、しゃれたチョコレートを買ってみたり、ええ感じのストールを買ってみたりして。

コレを全部しちゃうと、さすがに浮いた航空券代以上の出費になっているなんてこともあるかもしれませんので程ほどに。

 荷物の心配をしなくていい(LCCとの違い)

 これはLCCとの比較になってしまうのですが、荷物の重さなどにビクビクしなくてもいい。私は大概、機内持ち込みにして料金を浮かしているので、エアアジアやジェットスターの時は、お土産などで荷物が増えている帰りの空港で大忙しです。

f:id:norimakiararechan:20170329000606j:image

エアアジアなんか7kgを越えてはいけないので、衣服のほとんどを重ね着して、ポケットに重たそうな物を入れ、ウエストポーチに重量のあるものをパンパンにして腰に巻き、上着を羽織る。おなかぽっこりでも気にせずに。サブバッグにも重そうなものを入れ、肝心のバックパックの中身をスカスカにして、荷物の検査を受けます。見事7kg以内でクリアして出国したら今度は中にしまうので本当に慌しいです。(そこまでしなくても荷物を減らすとか追加料金を払えば済むのですがいつも戦いです。)

それをしなくていいだけで、余裕を持って空港で過ごせます。

いざという時、便を変更できる

私が買うような安いチケットは、日程変更不可のものがほとんどです。

でも特定航空券の場合、一定条件内で日程の変更ができるので、安心です。 

「飛行機?ああ、飛行機はマイルでとったから」と言える

海外旅行を年に何度も行く私は、職場の人から、「またー?お金よくあるね。」と皮肉っぽく思われがち、言われがちです。どんな旅をしているのかを知りもしない人たち(電気も通ってないような宿に泊まっているとか知るはずもない…)は、「リッチやなー」と思っていることでしょう。

そういう会話になったときに、上の台詞を言ってみるとどうでしょう?

お金を使ってるわけじゃないと否定もできるし、「ええ?そんな得なことしてるん?」という羨望のまなざしを手に入れることができます。(しかし、往々にして「何それ?」という反応で終わることも多い。それでも構わない。)

そして、飛行機に乗りながら、ふと周りを見渡して、「ごめん、私、これ、タダで乗ってるー!」と叫びたくなる時もあります。「これ、タダやでー」と1人思い出し笑いもできます。「タダ」という言葉に弱いのは大阪人の性かしら。

タダで乗っている余裕により、「せっかく飛行機乗ったし塩コショウ持って帰ろう…」と思わなくなるし、ジュースをお代わりして飲みまくってトイレにやたらと行きたくなることも減ります。 気圧の関係で頻尿になるので余計に注意です!

プランに無理をなくせる

久しぶりにヨーロッパに行く時なんかは、せっかく行くので、もったいないから、観光地めちゃめちゃ詰め込んだスケジュールを組んでしまったり(途中で熱が出がちな私…)、ここに行くなら、ここも寄っておこうとしたり、「ほぼ日帰りベルギー」とか無茶なことをしてしまいがちです。理由は、もう来れないかもしれないとか、次に来るのがいつか分からないからとかって思ってしまうせいです。来るだけでお金がかかるから気持ちが少しだけ沈むのです。ああ、お金があれば。休みがあれば。

マイルを貯めて特典航空券で旅ができれば、「またマイル貯めたらいいし」「また来たらいいし」と思えるようになります。同じ場所を旅することのハードルが下がりますし(「またそこ行くの?」と言われてなかなか理解されにくい。)、何度も行けると思えることから、無理のない内容のスケジュールで旅ができます。短めの旅を回数こなすこともできますね。

f:id:norimakiararechan:20170329001416j:image

熱が出て記憶にないベルギー

 まとめ

タダで航空券を手に入れることにより、金銭面の違いはもちろん、これまでと違うスタイルの旅をすることが可能になります。

また、別の見方をすれば、これまでのスタイルの旅を、これまで以上にたくさんすることも可能になります。

タダという表現を使いましたが、まったくタダということではなく、マイルは、何かを買い物したり何かのカードを発行したり、お金のかかる行程もあります。

それでも、ポイントサイトを経由しなければ獲得できないポイントを得て、それをマイルに換えて貯めていけるのだとしたら、やはりタダと言っても過言ではないかなと思います。 (登録はこちらから→ハピタス

 

マイルって、出張とかで飛行機に乗りまくってるビジネスマンとか、出川とか千原兄弟のお兄ちゃんみたいな旅芸人とか、ケンコバクラスの飛行機移動にこだわる芸人とかしか貯まらないと思ってる方がもしまだいたら、それは大きな間違いです。

一般ピープルでも十分、一年で20万マイルとか貯めれちゃいます。私は1ヶ月で2万マイル貯めていくペースでいけそうです。

バックパッカーがマイルを貯めたら、どういう旅をするのか、自分で楽しみです。

多分、ビジネスやファーストクラスにランクをあげるとかはしないでしょう。

質もそれほど変えずに旅の回数を増やすかな?南米とか行っちゃうかな?

これから楽しみです。一緒に楽しみたい方は、一緒にマイルを貯めて旅に出ましょう!

 

www.ararechantravel.com

 

 

www.ararechantravel.com

 

 

www.ararechantravel.com

 

 

www.ararechantravel.com

 

 

 

悪質ポイントサイト騒動があったけど、そもそもポイントサイトとは何?悪質?詐欺?

マイラー活動 マイラー活動-ポイントサイト

悪質ポイントサイトのニュース

 こんなニュースがありました。

世の中には、何でも悪質なものが混ざりこんできます。「情報弱者を狙う!」とか怖い表現です。私もポイントサイトの存在をこの前まで知らなかったので、ちゃんと調べなかったらこういうとこに引っかかることもあったのかなと思います。

ポイントサイトって、私も以前思っていましたが、胡散臭いんですよね。ネズミ講的な臭いがするような。詐欺とか、損する気がするとか、そんなに貯まらないとか。今、ポイントサイトを利用されていない方がそういうイメージを少なからず持っているのは確かです。

ポイントサイトの仕組みとは?

ポイントサイトとはお小遣いサイトとも呼ばれ、そういうサイトに登録し、そのサイトを経由して買い物をしたり、会員登録や資料請求といったデータ入力の案件を消化したり、
ゲームをしたり、メールのURLをクリックしたりすることで、ウェブでのポイントをゲットできます。そしてそのポイントをためていくと、
現金に換えることができる、という稼ぎ方です。私はマイラーとしてマイルを貯めていますが、現金に換えてお小遣いにするのももちろんOKです。

広告界のイオンみたいな感じ?

 テレビを見てたらコマーシャルが流れます。

ポイントサイトは、何万人という登録者がそのサイトを見るので、サイトに広告をのせてほしい企業がポイントサイトに掲載させてもらい、そのお礼を払います。そしてその広告を見て使ってくれた利用者にポイントをプレゼントしますというシステム。詐欺でも何でもなく、ビジネスとしては何も問題ないです。

ポイントサイトは、いろんなものが売ってて、いろんな人が買いに来るイオンみたいな存在と私は考えています。

人は誰しも1枚くらいはポイントカード持ってるはず

 春のヤマザキパン祭りでシールを集めてお皿をもらえるように、ローソンでポンタカード出したり、TSUTAYAでTポイントを貯めたり、マクドのクーポンでポテトのLを150円で食べたり、マツキヨでポイントをカードを出して割引してもらったり、私たちは何らかの形でポイントを手に入れたり、得したりしています。ポイントカードを探したり財布から出すのが面倒になるくらいです。

それを、ポイントサイトというサイトに無料で登録してポイントカードを持たずしてネットでポイント貯めていきましょうという話です。サイトを開いてそこ経由でいろんな分野でお得になりましょうというのがポイントサイトという訳です。

ブログを見れるような環境にいて、全くポイントと無関係な生活をしている人っているのでしょうか??私なんか、前に通ってた歯医者でさえ通院したらポイントがもらえて5ポイントで図書券もらえました。それくらい世の中はポイントで溢れてます。

ポイントカードやポイントのシステムは生活に密着してるのに、ポイントサイトとなると急に、ちょっと胡散臭さを感じたり、尻込みしたりしちゃうから不思議です。無知な事に近づきたくない人が多いんでしょうね。オレオレ詐欺に引っかかりそうなお年寄りとか、ネットに疎い人はやめといた方が無難かもしれませんが、それ以外の人は、取り入れる価値のあるライフスタイルの1つではないでしょうか?

 

悪質なポイントサイトとそうでないものとの違い

登録した人がお得なのか、そうじゃないのか、そこが、利用する立場から考えると一番大きな点なのではないでしょうか?

つまり、

ポイントを貯めたはいいが、そのポイントをお金に換金したり、マイルに交換しにくいシステムにしてるものが悪質なものだと言えます。

ポイントを貯めるだけ貯めさせて、それをすぐに換金できないのでは意味がありません。

1万ポイントとか、大量にポイントを貯めないと換金できないのは、意図的に必死に貯めさせて、引っ張って、なかなか1万ポイントも貯まらないものだから諦めさせる作戦かと勘ぐってしまいます。そういうポイントサイトは避けた方が無難ですね。

そういう意味では、私が登録していて利用しているポイントサイトのハピタスは300円から、ちょびリッチは500円から換金できるので今のところ、安心して使っていいと思います。

 

個人情報流失?大量にDMが届くのが嫌!

私がポイントサイトの登録を少し躊躇した理由はこれです。登録した途端にいろんなところからメールがきたり、メルマガが届きまくって、削除するのが面倒くさい!辞めたくても退会手続きが謎に包まれてるのでは?という点。楽天で買い物をした時に、メルマガのチェックを外した時によく陥る罠です…。

これに関しては、

ハピタスはわかりやすい場所に通知設定を変更できるページがあり、退会も見つけやすいところにあります。

f:id:norimakiararechan:20170328213919j:image

↑ページの一番下右

f:id:norimakiararechan:20170328173434j:image

ちょびリッチもマイページを押せばすぐにf:id:norimakiararechan:20170328173459j:image

↑メルマガ受信を外せます。

また、yahooメールなど、ポイントサイト専用の無料のアドレスを作ってしまえば、ジャンジャン、メールが届いても気になりませんね。

今のところ、特に、個人情報が流出して迷惑メールが来まくったとかはないので大丈夫でしょう。

仕組みを知ってしまえば、ポイントサイトを使わないなんて損すぎる

私がポイントサイトに登録して痛烈に感じたのは、もっと早く始めればよかったということ。

例えばもうすでに私が使ってるものをポイントサイト経由で使っていたら…

ファミマTカードを作る→5500円

シネマイレージカードを作る→6100円

これだけで1万円以上損してました。

悔しいから考えるのやめます…。

そんな訳で、まだ利用していない方は、早い方がいいですよ。 ましてや、現在、ハピタスはキャンペーン中なのでこちらから3/31までに登録するだけで1000ポイント(1000円分)もらえるので、すぐにマイルなり、お金に交換できます。もし登録がまだの方がいらっしゃいましたらこちらからどうぞ。

もちろん登録無料です。

私もちょっと得しますが、企業から少しお得な分をもらうので皆さんの分け前を削られることはありません、念のため。 以上、今回はポイントサイトの広告みたいになっちゃいました。

ハピタスはこちらから登録できます。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

ちょびリッチはこちらから

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

ポニーはこちらから PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

 

 

たまには旅行会社に任せない旅にしよう。個人旅行の手配の流れをまとめてみた。

旅行 旅行-旅にまつわる話

前回の続きでもあります。

個人旅行はこんなにカンタン!

てるみくらぶ騒動で悲劇を味わった方が多いと聞いています。自分だったら暴れてます、多分。旅行会社の不手際って些細なことでもイラっとするかもしれないです。「おい!プロちゃうんかい?!」と言いたくなるかもしれないです。だから(ってこともないけど)私は、いつでも、旅行会社に任せず自分で手配して旅をするスタイルです。とても自由です。自由になるために旅に出るのに、ツアーで縛られたくない!待ち合わせ時間に縛られたくない!ホテルを勝手に決められたくない!そう思うことはありませんか?それなら、旅行会社に任せずに自分で手配して旅をしましょう。皆さんが思っているほど個人で手配するのはそんなに難しいことではないです。私がふだん行っている、旅の手配の流れをざっくりとまとめてみましたのでよかったら参考にしてください。多分、バックパッカーの皆さんがされている王道の方法ですが。

1)スカイスキャナーで安くてタイムスケジュールも良さげな航空券を探す。

 

Skyscanner 格安航空券検索

Skyscanner 格安航空券検索

  • Skyscanner
  • 旅行
  • 無料

 

乗り継ぎ時間なども一目瞭然に出てきます。スマホのアプリなら簡単で、そのまま予約できます。クレジットカード決済も一瞬です。あ、マイルを貯めればこれさえ必要ないですね。

2)地球の歩き方を買う。そして調べる。

地球の迷い方とも言われていますが、迷うのも大歓迎。必要なページだけ安くで分冊で買えるので、今はkindle版が断然オススメですね。紙の本で持っていた時代は、行く場所のところだけちぎって持って行っていました。軽量化が癖なもので…。地球の歩き方のインドは、前半のページのトラブル体験談集みたいなところと、ヒンズー教の神様のページはとても大切です。あと、ページ下の小さい口コミも好きです。

何がしたいか、どこに行きたいか、イメージがわかない時(私はほぼありませんが)は、駅前の旅行会社の店の前のパンフレットを何部か持って帰って見てみます。逆に旅行会社に合わせていく作戦です。旅行会社がどういうツアーを組んでいるかを参考にしてみるのもおもしろいですよ。予算の参考にもなります。

 

 

3)宿の手配。

私は、アジアなんかは深夜着以外は予約しないことが多いです。現地に行って見て確かめるタイプなので。安宿街なんかをブラブラして変な草を吸っているヒッピーとか、日本人がたむろしてるところはやめておいたり、その時の判断で選ぶこともあります。誰かと一緒だと、「え?ホテル予約しないの?」って言われるので一応予約します。

予約するならagodaかトリバゴ、Booking.comですね。agodaは、こんなに安くなってる!というのが見やすいので、とりあえずはチェックしています。ポイントも貯まるからオススメ。ここ近年の宿選びの重要ポイントはやはりwifiが飛んでるかですね。次の日の宿をwifiが飛んでいる安宿で予約することだってできます。どこでもネットができる便利な世の中になってきました。

 

4)空港から行きたい町へのアクセスを調べる。

大体どこの空港も電車かバスで中心部まで行けますので、安さ、速さを調べて考えておきます。僻地すぎてタクシーしかないような空港などは相場を調べておきます。ボラれたら、ブチ切れてやる準備をしておきます(むしろ切れてやりたいフシもある…)。深夜着なら無理して町に出ず、朝まで空港で寝れるところを探します。どこでも寝れるのは無敵です。空港にあるムスリルのお祈り部屋は静かでいいですが、祈りの部屋なのでやめておきましょう。おとなしくベンチかソファーを探しましょう。あまり人のいないところは恐いので、ここは同じようなバックパッカー組に紛れて寝るのがいいでしょう。貴重品は抱きしめて寝ること。

 

世界版の乗換え案内的アプリ「Metro」もオススメです。あらゆる国のメトロを網羅しています。旅に出る前に旅先の都市の路線をダウンロードしておくとベター。

 

MetrO

MetrO

  • Kinevia
  • 旅行
  • 無料

 

 

5)現地でしたいことがあれば現地ツアーも選択肢の一つに。

f:id:norimakiararechan:20170326014604j:plain

現地に行って、したいことを現地の旅行会社に頼むことはあります。1人では限界があるので。

チェンマイの象に乗ったりトレッキングするツアーとか、モロッコのサハラ砂漠キャンプツアーとか、ミャンマーのポッパ山ツアーとか。

これは、日本で手配するよりも圧倒的に安いし、現地に行って相場を知り、面と向かって話を付けた方が安心だからおすすめです。相手が信用できるかも判断できますので。(言葉の壁はアリ)

何も考えずに現地に着いて、何やら欧米人がこぞってレンタバイクで行く所があるという情報を現地で初めて知って、行ってみたこともありました。何にしても、そのときの気分で自由に組めるから個人手配はいいです。

個人旅行は全て自己責任。楽しさも自分のおかげ。

 

f:id:norimakiararechan:20170326014723j:plain

一度だけ、インドのコーチンでハウスボートに乗って旅をするつもりで行ったのですが、工事の影響で川を通れないということを現地で知ってショックだったこともありました。その代わりに短距離だけハウスボートに乗って雰囲気を味わってバスで移動に切り替えましたが、まあこれも旅の醍醐味と笑って流せました。次にまた来る理由ができたとすら思えます。

モロッコでは、サハラ砂漠に向かう道中の夜が凍えるほど寒かったのですが、そんな情報など知らなかったのでえらい目にあいました。アトラス山脈に雪があったし、スキー場もあるとかドライバーが言うからびっくり。アフリカって、サハラ砂漠って灼熱と思うやん!と心で叫んでいたものです。でも、寒さ問題は油断せず調べておかないといけないなと肝に銘じるきっかけにもなりました。

あとはトランジットの空港で深い眠りに落ちて乗り継げなかったりとか色々。

一つ一つのハプニングを次の旅に生かしていけますし、自分のせいなので時間が経てば笑い話にもできます。

(※トラブル、ハプニングに備えて、旅行保険には入っておきましょう。何があるかわからないので。私はクレジットカード付帯の海外旅行保険があるのでそれを安心材料にしています。)

また、その国のことを知るきっかけが、旅行会社を通すよりもたくさんある気がします。地名とか、文化とか、食とか。旅の前に調べているうちにどんどんその国に愛着が湧いていき、もっと知りたくなっていきます。自分のそういう準備が、そのまま楽しさに直結していきます。

ですので個人旅行に興味があってまだしたことのない方は、てるみくらぶの悲劇を一つのきっかけにして、たまには旅行会社に任せない旅を体験してみるのはいかがでしょう?予想もしない楽しさかハプニングが自己責任と一緒に待っているかもしれません。

てるみくらぶ騒動から考える、旅行会社ツアーと個人旅行の違い

旅行 旅行-旅にまつわる話

衝撃のてるみくらぶ騒動

旅行会社てるみくらぶの騒動は他人事とは思えません。楽しみにしていた旅行が、自分の理由以外で行けなくなるなんて、悲劇過ぎます。かわいそう過ぎます。私なら空港で暴れて怒鳴って連行されるかもしれません。

www.travelvoice.jp

こういった悲劇が起きないようにしたいところですが、では、旅行会社を使うべきか、自分で全て手配すべきか。これは、それぞれにメリット・デメリットがあると思います。また、向き・不向きもあるでしょう。それぞれを私なりに考えてみました。

旅行会社を使って楽チン派

私は、8年くらい前に、友達と台湾に行くのにてるみくらぶを利用したことがあります。旅行会社を通して海外旅行に行くことは私はほとんどありませんが、この時は友達と行く旅行だったため、自分だけの意思で全て手配して決めるよりも、旅行会社で航空券とホテルだけがついている安いツアーでいいかという友達の意見もあり、安いツアーを扱っていたてるみくらぶを見つけたのだと思います。

「個人で手配するより旅行会社の方が安くて全部やってくれるから楽」という考えの人が世間には多いようで(まあそのために旅行会社があるとも言えますが)、大半の人が海外に行くとなると、「駅前の旅行会社のパンフレットをたんまりとってきて、スタバで軽くミーティング」みたいなところから始めるんでしょうね。

例えば、3人グループで旅する時に、1人は東京から、2人は大阪からとかいう場合は、旅行会社を通すと融通も利いて楽とも言えます。

また、それ以上の大人数の時なども便利かもしれません。(私はもう二度とそういう旅はしないでしょうけど。理由はこちら↓) 

1人旅のツアーだと上乗せ料金があってものすごく割高になります。1人でシングルルームを押さえるのが難しい場合、ツアーの知らない人と同室ということもあるようです。なので、旅行会社を通して1人旅というのはやはりデメリットが多いように思います。

一方、複数で旅行に行くときは、何度も集まって意見を話し合ったりする必要があり(それこそスタバで)、女性の場合、結局、旅行と関係ない、日頃の愚痴話で終わって、「あ、何も決めれんかった…」ということを繰り返す可能性があります。そういうのが楽しい相手だと、もうそこから旅が始まってる感じがして楽しいですが、そういうのが面倒な人とかは旅行会社に行ってしまうか、トラベルコちゃんで検索してポチるのが一番ですね。

海外ツアー・格安旅行の比較・検索なら【トラベルコちゃん】

旅行会社向き

【複数】

楽チンに行きたいグループ・趣味がバラバラ過ぎて、行く前からもめそうなグループ・お茶して話し合うのが嫌いなグループ・仕切り屋がいないグループ・信用されていない仕切り屋がいるグループなど

【1人旅】

一人旅に慣れてなくて不安でしょうがない人・何がしたいとかどこに行きたいとか特にこだわりがなく自分で見つけれそうにない人・ネットを操れない人・知っている人と行くのは嫌だけど知らない誰かと行く方が安心という人・料金が高くなっても諦めのつく人

個人で手配する派、何でも自分でやっちゃう派

私は旅において、もう今は、自分でそれぞれ手配する以外は選択肢にありません。逆に、飛行機以外は何も手配しないという選択肢(ぶっつけで行ってしまうという技)があります。

まず、個人で手配したほうが航空券もホテルも実は安いということがあります。

また、自分のしたいこと、行きたい場所、食べたいものだけに絞れます。ツアーでよくある、空港からの移動中に免税店に連れて行かれたり、キムチ屋に連れて行かれたりする時間を好きなことに回せます。

また、ツアーでよくあるような誰かが時間を守らずイライラしたりすることもないですし、自分がギリギリになっても自分にしか迷惑がかかりません。

旅行のプランを考えるだけで、もう気持ちは旅先です。人よりも長く旅ができます。

てるみくらぶのように、本当に予約が取れているのかビクビクしなくてもいいし、自己責任なので、ビクビクするのではなく、飛行機の遅延やロストバゲージ等のトラブルでも、主張し、いざとなったら戦うという気持ちに持っていきます。

あと、GWやシルバーウィークなどは日本の旅行会社のツアーなどは高くなりますが、海外は日本の祝日と無関係なので、飛行機もホテルも普段の料金なのでお得です。

 

個人手配向き

【複数】

仕切れる人がいてその人に任せてもいいと思ってくれる人達で構成されるグループ・体力に差のある人達で構成されるグループ(休憩を挟んだりその都度調整してあげれる)・仕切れる人がいる家族旅行

【1人旅】

人に任せたくない人・とにかく自由になりたい人・行き当たりばったりの旅がしたい人・とにかくケチりたい人・調べるのが好きな人・旅先で予定を急に変えちゃう可能性のある人・そもそも行き先が辺鄙なところでツアーなんて存在しない場合・安宿に泊まるからホテルの予約が必要ない人

 結局私は個人手配向きの人の条件全てに当てはまるわけでした。

自由で楽しい旅をしたい

向き・不向きはありますが、せっかく日本を飛び出して旅に出るなら自由で縛られずに楽しみたい。

でも、枠が用意された方が楽しめる人もいるし、枠なんてぶっ壊したい人もいる。プールで安心してプカプカ浮くのがいいか、荒波の海で泳ぐのがいいか。

面倒なことをお金で買って安心できる人もいるし、自分で揃えることで安心できる人もいる。高いセーターを買う人もいれば、安くで毛糸を買ってきて編みたい人もいる。

どんなタイプであれ、それぞれの価値観にそって、自由で楽しめる旅ができるのが一番です。

そして何より、無事に帰ってくることが大事。安全・安心なくしては旅ではない。

てるみくらぶの悲劇にあわれた方が、コレに懲りずに、これからも旅を楽しめますよう願っています。

続く

 

熊野古道④ 熊野古道を何度も歩き中辺路完全踏破を達成している私のオススメ中辺路ルート【春編】

旅行 旅行-国内旅

やっと熊野古道のオススメ中辺路ルートのご紹介です。

そろそろ桜も咲き始める頃ですので、今回は春のお花見という視点でオススメします。

紀伊田辺から本宮へおいしいトコどりコース【1日目】

滝尻王子〜近露王子

f:id:norimakiararechan:20170325144110j:image

近露王子〜発心門王子

f:id:norimakiararechan:20170325144149j:image

発心門王子〜熊野本宮大社

f:id:norimakiararechan:20170325144213j:image

紀伊田辺駅からバスで牛馬王子へ

f:id:norimakiararechan:20170325153425j:plain

まずは紀伊田辺駅前から龍神バスとかで熊野本宮大社行きに乗ります。当日大阪からバスでくる場合は11時頃に着くので11:35のバスに乗ります。たいがい、欧米人がリュックを持って並んでいるのでそこに並べば大丈夫。バスは結構な山道を走るので私は酔い止めの薬を一応飲んでます。駅のキヨスクで、から揚げ好きの方は、パンダ弁当を買うのをお忘れなく。滝尻で降りてスタートから行くのもいいですが、楽チンコースで考えると、牛馬童子前あたりでバスを降りて(1時間くらいかかります)、牛馬童子さんに挨拶して歩き始めるのがベター。トイレもあるので済ませておきます。牛馬童子から継桜王子までは徒歩2時間程度と軽めです。

f:id:norimakiararechan:20170325145031j:image

 

花見シーズンなら継桜王子でお弁当を食べたい

f:id:norimakiararechan:20170325161416j:image

近露王子を通り継桜王子まで歩きます。近露王子は、少しお店もあるので、空腹に耐えきれなければ、どこかのお店でランチでもいいかもしれません。冬は、近露にある足湯で足の疲れを取るのもいいですが、春なので素通りで行きます。近露王子から1時間ちょっと歩くと継桜王子に到着。とがの木茶屋という休憩処で桜を見ながらお弁当が私の中での春のベストです。現在は、ボランティアで村の人がお茶をいれたりサービスもあります。ここにスペインのTV局の人が撮影に来たとかいう話を聞きながらのランチタイムです。

f:id:norimakiararechan:20170325145100j:image

↑これは3月なので寒々しい絵面ですが春は花で溢れています。ちなみにこのすぐ横にある秀衡桜という桜は、藤原秀衡さんが妊娠7ヶ月の妻を連れて熊野古道を歩いていたら(無茶やな)、滝尻で生まれてしまって、赤子を置いてそのまま桜の枝を杖にして歩き続け、その杖をここにさして、「戻ってきてもしこの杖から桜が咲いてたら子供も無事なはず」という謎の願掛けをして本宮を参詣。そして戻ってきたら、桜は咲いてるし、赤子は狼に守られて無事やしという言い伝えのある桜です。

f:id:norimakiararechan:20170325145426j:image

お花見がてらパンダ弁当を食べます。お湯を沸かしてしじみ味噌汁を。継桜王子からもっと歩いてもいいのですが、次の小広王子からは土砂崩れか何かで現在も迂回ルートになっており、割と険しいので、継桜でストップにして、25分かけて下の林道までまっすぐ下り野中一方杉のバス停からバスに乗って川湯温泉に向かいます。ここのバスも12時台、13時台の継は16時台だったりするのでご注意ください。時間つぶしに、妖怪がいると水木しげる氏が断言した継桜王子や、那智大社の方角しか枝がはえていないという野中の一方杉を見に行ってもいいでしょう。

川湯温泉で温まる

そして川湯温泉までバスで行き、「まつや」へ。洗濯したり、温泉に入ったりしてのんびり過ごし、晩御飯は、初めてならみどりやのディナーバイキングが手頃ですね。唯一といってもいいお食事処「こぶち」でめはり寿司や焼肉定食などでもいいです。もったいないので寝る前にもう一回温泉に浸かりがちな私です。川湯温泉の魅力についてはこちらをご参照ください。 

www.ararechantravel.com

【2日目】

発心門王子から熊野本宮大社へ向かう

f:id:norimakiararechan:20170325153358j:plain

まつや、みどりやに宿泊すると、予約時かチェックイン時に頼んでおけば、発心門王子まで無料で送迎してもらえます。7,8,9時のバスですのでお好きな時間に予約をしておきましょう。そしてさらに大切な予約として、大村屋さんのお弁当の予約です。これは旅1週間前(空いてれば5日前とかでも大丈夫そう)までにネットからしておきます。

http://www.oomuraya.net/food/index_bentou.htmlこれがないと熊野古道の魅力半減ですので要注意。ちなみに私は朝ごはん扱いにしています。 発心門王子へはバスで15分くらいで着きます。そこから1時間くらい歩いたら伏拝王子に到着します。大斎原の大鳥居を見晴らせるスポットと休憩所とトイレと大きな桜の木があります。ここがお弁当ポイント。まだ1時間しか歩いていないのでもったいない気もしますが、朝ごはんと思って食べます。それから1時間ちょっと歩けばもう本宮大社です。

 f:id:norimakiararechan:20170325161223j:image

熊野本宮大社と大斎原でパワーをもらう

 

f:id:norimakiararechan:20170325161529j:plain

本宮大社の上の方から入ることとなります。参拝してヤタガラスについての注意書きなどを読んで知識を深めてください。神聖な気持ちになれるはず。そして、階段を下りて正面から出て行きます。そこから徒歩5分くらいに、昔、熊野大社があった場所(川の氾濫で今の場所に移動になった)である大斎原(おおゆのはら)へ向かいます。巨大な鳥居がどーんとあるのですぐに見つけられます。今まで見た鳥居の中で一番大きいです。私は、どちらかというと本宮大社より大斎原の方が、パワーをもらえる気がしています。ここのベンチでボーっとするのが好きです。

f:id:norimakiararechan:20170325161553j:plain

本宮大社前でごゆっくり

 あとは、熊野川を眺めたり、本宮前のカフェ「ほんぐう」でビーフシチューを食べるか、その隣のうどん屋「いっぷく」でうどんとめはり寿司のセットを食べるかしてゆっくりします。世界遺産熊野本宮館というドーンと構えた建物があるので、トイレを借りつつ、熊野古道についての歴史を学び、VTRを見たり本を読んだりもできます。また、サンティアゴ巡礼についての展示コーナーもあるので、そこでスペインへの思いを馳せて過ごします。

f:id:norimakiararechan:20170325161303j:image

サンティアゴまで10755km!

紀伊田辺駅へ戻る

そうこうしているうちに紀伊田辺駅行きのバスが来るので15時台のバスで紀伊田辺へ。17時台に駅に着くので、着いたら早めの晩御飯を。ここの駅前は店が閉まるのも早いし、土日はほとんどお店が開いてなかったりします。なので大体私は、「カフェゴリラ」で夜ご飯定食を食べるか、駅近くのうどん・洋食の「一吉」で熊野牛がらみの何かを食べます。

19時のバスで大阪に帰ります。途中のサービスエリアでめはり寿司を買って車内で食べ納めもありです。

まとめ

なぜこんなに歩いてるのに帰ってきたら体重が増えているのかが不思議でしたが、何となく原因が分かりました。食べてますね結構。歩きながらもパンやおにぎりを食べているので仕方ない結果です。納得できました。

 このルートの残念なところと言えば、発心門からはもっともポピュラーなルートで、とても歩きやすいので、歩いている人が多いこと多いこと。でも逆を言えば絶対迷子にならないと思うので初心者でも安心です。静かに1人で山でご飯と思ったら、那智大社と本宮を険しいルート、大雲取越、小雲取越に挑戦する方がいいですね。死者に会えるルートではありますが。そちらの紹介はまた次の機会に。

www.tb-kumano.jp

詳細はすべてこちらにあり!

 

 

www.ararechantravel.com

 

 

www.ararechantravel.com

 

 

 

 

 

 

 

はてなPROに変えました。プロっぽいブロガー?いやただのプロのアラフォーです。

その他 その他-ブログ運営

無料で適当にやってたブログですが、凝り性で色々凝りたくなって、試行錯誤してるうちに、「やるか!」と思い立ってはてなPROに移行しました。

 

独自ドメイン取得

そうと決めたら、まず必要な独自ドメインというやつを作りました。お名前.comで。

 

http://www.ararechantravel.com/(アラレちゃんトラベル)という

ふざけたドメインにしました。変更が必要な方はお手数ですが変更お願いいたします。

はてなPROに移行

2年コースか1年コースか悩んだけど、1年にしておきました。でもやるからには続けるつもり。getした独自ドメインをはてなブログに貼り付けて完成…ではない。まだまだあります。

設定しなおしの嵐

1.amazonアソシエイト

→amazonだけは、勝手に変更せずに、わざわざ、「ブログのURLが変わりましたのでよろしく」というメールをamazonに送らないといけないよう。

2.バリューコマースの登録も変更

3.iTunesアフィリエイトの登録も変更

4.googleアナリティクスとserch consoleも変更

→ややこしくて時間がかかりました。

5.にほんブログ村の登録も変更

→いつもお世話になっております。

6.PINGOOの登録も変更

 

サイトポリシー作ってみた

amazonアソシエイトやgoogleアナリティクスを使用していましたが、よくよく調べると、「使ってます」と高らかに宣言をしないといけないらしく、規則は守っておいた方がいいかと思い、サイトポリシー、プライバシーポリシーを作りました。特別設けるほどでもないし、新しく作って、新着ブログに上がるのも恥ずかしいし…と考え、ブログの第1回目の自己紹介にポリシーを付け足しこそっと(ここで言えば、こそっとじゃ無くなるか)更新しました。私のサイトポリシーです。コピペOKです、誰もしないと思いますけど。

サイトポリシーはこちらを参考にアレンジしました。ありがとうございました。

gattolibero.hatenablog.com

著作権に怯える

プライバシーポリシーがどうの、個人情報がどうのと言いつつ、「則巻アラレ」ってどうなのか?と不安になりました。鳥山明先生が怒ってくるのでは?と。海苔巻きのあられのことですよとか、Dr.スランプのアラレちゃんはARALEだしとか、本名だから仕方ないとかの言い訳が通用するかな?と悩みました。

そこで、著作権や肖像権について調べると、難しすぎて余計わからなくなりました。

http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200808/jpaapatent200808_011-047.pdf

 解釈としては、アラレちゃんに経済的損失を与えるくらいこのブログが超有名になるとかなら問題ですが、ある程度は目をつぶってもらえるよう。ブログのアイコンも、アラレちゃんをモチーフに手描きで描いたものなので(自信作。帽子のロゴがアラフォー)、二次創作物ということでセーフ。もしも、アイコン画像が変更していたら、それは、鳥山明先生に注意されたと思っておいてください。(その時は、鳥山先生だって孫悟空を西遊記からパクってるやんと言い返すつもり。)あ、一応、アラレを平仮名のあられに変えました。

あと、歌詞の引用とか一応手直ししました。引用する必然性があったのでセーフでしょう。

また、バックパッカー俳優の写真も無断使用でしたので、選ばれし俳優の方々からクレームが来たら削除します。タクミから連絡(クレーム)来ないかなー。

カテゴリーという言葉が嫌いですが仕方なく

私は、カテゴリーに入れられるのを嫌う人間です。独身とか女とか貧乏とか。だけど、ブログはきっちりカテゴリーに分けたい。その方が見やすいし。サクサク分けてみましたが、「自分について」の話題をどうカテゴリー化すべきか悩んだ挙句、"FAVORITE""好きなもの"に入れました。自己愛強めな仕上がりです。

デザインを追い求めてデザインに溺れる

ということでまたデザイン試行錯誤地獄。PROに変えたからスマホのデザインをいじれる!!と喜んで取りかかりましたが、複雑、面倒に負け、結局これまで通りのレスポンシブデザインに落ち着きました。そして、なぜか、スマホでは上にトグルメニュー、PCでは上にグローバルメニューが付いているのに、下にも固定メニューが出てくるという、メニュー板挟み地獄に陥り、どう直せばいいか分からず力尽きました。しばらくメニュー地獄です。上からも下からもメニューをお楽しみください。

↑この方、絶対天才でしょう。

それと、青が好きなので、ブログの背景を淡めのブルーにしていますが、ほとんど、どのブログも背景は白ですね。白の方が見やすいのかな?青って見にくい?白じゃないとダメってわけでもないよね?青にこだわってしまって、背景を白に戻す勇気が持てません。もう少しこのままにします。

 PROらしくちょっとプロっぽく取り組んでみた

PROというマークがつくようになったので、ちゃんとしといた方がいいと思い、少し整備してみました。ararechantravel.comというふざけたURLですが、真面目なところは真面目にマイナーチェンジしました。丁寧な設定方法や手順が知りたい方は他の人のブログがとても参考になりましたよ。

【2017年版】はてなブログPROに移行、からの独自ドメインを設定する方法 - MUTANT

私のはふざけた報告のみであまり参考にならないと思いますが流れだけは分かるかと。読んでいただいているみなさん、いつも本当にありがとうございます。めっちゃ嬉しく思ってます。これからもよろしくお願いいたします。

 

カミーノ巡礼③ 旅まであと1ヶ月。準備すべきこと。【自分用メモ】

旅行-スペイン巡礼

f:id:norimakiararechan:20170324194618j:plain

 カミーノ(サンティアゴ巡礼)と普通の旅との準備の違い

あと一ヶ月後にはスペインに旅立つことに気づき、急にそわそわし始めました。

ヤバイ!

何がヤバイのか。

いつもの海外旅は、前日まで仕事をして、仕事から戻ってはじめて荷造りをし始めます。そして、何を持っていくか(主に服装)迷いすぎて、結局適当に1,2着詰めて、現地で服は買い足すパターンです。(アジアの場合)それが楽しみであえて服を持っていかないところもあります。

しかし、カミーノはそうはいきません。

準備、装備をしっかりやらないと命取りとまでとは言わないけれど、余計にしんどい思いをするはめになるので、そこはしっかり準備が必要なのです。これも、3年分割計画のおかげで毎年分かってきたことです。いつも準備がギリギリになる私が、以下に、自分のためにメモしました。

【装備】

アウトドアグッズをかき集めて準備。

 →いつかご紹介したい選りすぐりグッズ。選ぶポイントは軽さ。衣服は乾きやすさ、ポリエステルが何%かがポイント。トラベルシーツを洗濯して干す。チューブを洗う。ヘッドライトの電池点検。

ポンチョを新調する。

 →昨年のカミーノで雨続きで、カトマンズで買った安いポンチョをかぶっていたものの、リュックの中のせっかくのスペイン語ノートが水性ボールペンで記入していたため滲んで何のノートか分からなくなった。リュックごと包み込む防水抜群Made in Japanのポンチョを探す。

f:id:norimakiararechan:20170324194444j:plain

防寒対策を考える。

→3年目の今年は、後半の山越えがあるので、寒さが増すと思われる。モンベルジオラインとユニクロプレミアムダウンで本当に大丈夫か検証したい。ひたすら荷物の軽量化にこだわっているのでいつもフリースは持っていかないが、今回も大丈夫か心配…。

【交通・予定面】

カタール航空の航空券をGETしたが、東京発のため、大阪から東京への移動を手配する。

 

4/24(火)

25:01 羽田発

4/25(水)

05:50 ドーハ着 7:20ドーハ発

13:55 マドリード着

5/13(土)

17:20マドリード発

5/14(日)

01:00ドーハ着 02:35ドーハ発

18:40成田着

→ 大阪→東京間はマイルで特典航空券をGETする予定。

マドリードからアストルガへの移動手段を調べる。

→2015年(1年目):サンジャン→ログローニョ

 2016年(2年目):ログローニョ→アストルガ

 2017年(3年目):アストルガからのスタートになります。

 

 電車かバスか。場合によってはマドリードで1泊して4/26にアストルガに向かう?

→歩き始めは4/27から?

サンティアゴ・デ・コンポステーラに着いてからムシア、フィステーラまで行き、ポルトガルまで行くスケジュールを考える。

→日程を計算する。日程的に厳しそうなので、ポルトガルは徒歩ではなくバスで行こうか。ちゃんとマドリードに5/13には戻ってこれるように注意。

カミーノフレンドと再会するスケジュールを考える。

→どこにどう組み込むか。最終日にマドリードか、サンティアゴで落ち合うか。マドリードで美味しい店を調べておく。Facebookで連絡しあう。

【自分自身】

体重をあと3.5kg落とす。

→昨年、太った状態で歩いたので膝が壊れたため。2年前よりも単純に2歳、体が老化している。少しでも荷物と体重を軽量化したい。膝と腰のため。幽霊会員のスポーツジムに週2回は通う。カミーノまで10回は通う。ブログの更新ペースを落とすしかない…。

録りだめしているNHKスペイン語講座を出発までに全部見て詰め込む。

→スペイン人のカミーノフレンドと再会予定。昨年のカミーノ後に、「1年でスペイン語を勉強して来年はペラペラになってるからね」と偉そうに言って別れたがほとんど何も勉強していない…。

オンライン英会話を週5回はする。

英語での交流は必須。毎年悔しい思いをしているから何とかギリギリで頑張る。ブログの更新ペースを落とすしかない…。 

www.ararechantravel.com

 仕事を鬼のようにこなす。残業上等!

→3週間も休むのだから今から粛々と準備をしないといけない…。

恐怖の仕事月間が始まる。

一年で一番働く時、それは長旅の直前。2番目に働く時、それは長旅直後…。

ブログの更新ペースを落とすしかない…。

 

www.ararechantravel.com

まとめ

最近、ブログをはじめて楽しいもんで、ジムもスペイン語もオンライン英会話も何もかもしていませんでした。。。(言い訳)

3年かけて、サンティアゴまで800km歩く計画は、私のビッグイベントですので、やはりここは、カミーノ準備に専念せねば…と思っています。なので、まずは部屋を片付けて家のあちこちに眠っているカミーノグッズをかき集めるところから始めます。

カミーノ準備の合間にぼちぼちブログ更新します。

 ペレグリーノはほぼみんなこれ持ってる↓