読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女バックパッカー、 陸でもマイルを貯める

働きながら、少ない給料と有給休暇をフルに使って旅をしてきた勝手気ままな女が、陸マイラーという概念に出会った物語(現在進行中)。旅の話や旅で撮った写真もはさみつつ。

マドリードからビルバオへ。バスALSAで快適に移動。

マドリードに無事着きましたが、とりあえず、とにかくビルバオに急いでいます。

マドリードに13:55着だったはずが30分以上飛行機が遅れて到着。今日中にスペインの北のビルバオに着くにはとにかく急がねばなりません。なので、普段は絶対に乗らないタクシーを使うことにしました。

マドリードのバラハス空港からタクシーで市街地へ

タクシーは長蛇の列でしたが、どんどんタクシーが来るのですぐに私の番に。

よっしゃ、スペイン語で行き先かましてやるぜ!「キエロ・イル・ア〜」と心で練習したら、何と、タクシーの運ちゃん(運転手のこと。大阪弁かしら?)が生粋の日本人。日本人ですね?どーぞどーぞとか言われて肩すかしをくらいました。

でも、とてもいいおじさんで、観光業の傍らタクシーの運転手もしているとのこと。10月頃からのNHK出版のスペイン語講座でコーディネートの仕事もするらしいです。日本語でお喋りタイム20分で、アヴェニダッド・アメリカバスターミナルに到着。空港からは定額の30ユーロを支払いました。(いつもバスかメトロなのでなかなかの出費…。)

バスALSAでマドリードからビルバオへ

キエロ・イル・ア・ビルバオ!を合言葉にチケット売り場で31.15ユーロを渡し、猛ダッシュ。ビルバオ行きのバス出発の7分前に滑り込みセーフ!そのままバスに乗り込み4.5時間揺られます。

f:id:norimakiararechan:20170426030852j:image

ALSAのバスは、広いしトイレ付きやし個別のモニター付き、USB充電可能で映画もインターネットもできるしWi-Fi飛んでるし最高!

と書いたものの、私のモニターだけ壊れてX-MENのオープニングで固まって4時間見れないままで満喫出来ませんでした。

途中の町で、30分の休憩を挟み、土砂降り豪雨の中走ります。

f:id:norimakiararechan:20170426030900j:image

隣の席のおじさんが、色々話しかけてきて、カミーノ・デ・サンティアゴを歩くと知ったら、俺も昨年歩いたよと、お喋りもエスカレート。おじさんは英語が全く無理なのでgoogle先生に助けてもらってコミュニケーションをしておられました。

ビルバオでのオススメ料理を尋ねたら、悩んだ挙句この画面を得意気に見せてくれました。さて食べれるでしょうか…。

f:id:norimakiararechan:20170426031348j:image

文字なら英文の方がいいと思うよ…

ビルバオで待つ男…

実は、ビルバオで、とあるアミーゴと待ち合わせです。彼の話はまた次回にでも。

昨年、私と彼は、カミーノの町でよく一緒にいたので、ブランジェリーナと呼ばれていました。

(注意:決してどちらもブラピでもなければ、アンジェリーナジョリーでもなかったけど、巡礼者同士で似ているハリウッドスターの名前で呼ぶのが流行り、みんなが知ってるアジア人がいなかったので、ドイツ人のメグライアンが無理矢理ひねり出したのが黒髪のアンジーだっただけです。ごく一部のおじさんおばさん連中にだけ呼ばれていて、返事をするのが恥ずかしかった思い出…。)

そのベルギーのブラピと再会し、スペインのバスク地方のうまいもんを2人で食いまくる計画を急に決めたので、空腹に耐えてバスで移動中なのでした。

続く

f:id:norimakiararechan:20170426063904j:image

プラン変更!マドリードやめてビルバオに向かいます!(メールのようなブログ)

今しがた、仕事を終え、大急ぎでシャワーを浴びに帰るところ。

20:20の伊丹発の飛行機でいったん羽田に飛びます。

マドリードを満喫するためのブログをアップしたにもかかわらず、昨日、マドリードに寄るのをやめました。

で、マドリードの空港に着いたら、バスで4.5時間かけてスペインの北のビルバオに向かうことにしました。

理由はまた後ほど。

突然のプラン変更も個人旅行だからできる技。

突然にもほどがあるけど。ビルバオと言えば、馬鹿でかい犬と雲と動く橋くらいしか知らないので、それも着いたら報告します。思いつきプランにワクワクしてきた。

それしか知らんのに、よう行くわって我ながら思います。マドリードからビルバオのバスでの行き方と、ビルバオの街については羽田の乗り継ぎ待ちで調べます。

それでは、

Hasta luego!

 

 

 

 

アプリFlipagramとInstagramで旅の写真をおしゃれに思い出に残す方法

Instagramについて

Instagram

Instagram

  • Instagram, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

いまや、大人気の写真投稿アプリなので説明は省略。私は、旅も好きですが写真も好きなので、Instagram通称インスタはもう何年も愛用しています。

続きを読む

カミーノで知り合った旅人の話。〜バルセロナから来たポール〜

出会い

2016年のカミーノで知り合ったポールは、バルセロナ出身の20代の男の子で、彼も早起きチームなので、朝方、よく一緒に歩いていました。

スペイン語なまりのゆっくりした英語を話すのが可愛らしくて、姉のような気持ちで、日本から持ってきた飴ちゃんをあげたりしていました。「サンキュウ」という言い方も可愛らしかったです。

道端のカタツムリを見つけて拾って、「食べれるんだよ。夕食にしたら?」って言ったり、雨が続いた泥の道を歩く時に、「クチュクチュいうこの音が好きだよ」って言ったり、ほんとに可愛い子でした。

一緒に歩いてるうちに姉気分になってきた私は、何となく、彼には頼める!と思い、あることを頼んでみました。

 

I wanna pee...

それは「野ションの見張り」

(解説:野ションとは、野外でションベンの略。トイレがない場所を旅しているとぶち当たる女のトイレ問題。私は水分を摂りすぎる癖があるので、暑くない場所では、頻尿に悩まされます。先人たちの残した、濡れた地面や、ティッシュを手がかりに、自分なりのベストスポットを探す旅です。あ、ティッシュを捨てっぱなしはダメなんでしょうけど、猫のように土をかけて、自然に返します。)

 

「ポール、アイワナピー…」が合図です。

「OK!」と言って、歩きながら、「あそこはNO」と言いつつ、いい感じの茂みを見つけて、「パルフェクトゥー」と言ってもらえる場所が出て来たら、バックパックを下ろし、ポールに見張っておいてもらい、私は茂みに消えます。

ちゃんと背中を向けて見張っといてくれるポールを見つめて、感謝。ありがとう…涙、の代わりに用を足します。

イタリアーノ親子とかそれ以外の仲間には恥ずかしさが勝ってしまい、野ションを言いだせませんが、ポールなら平気なのでした…。

「その代わり、ポールの時も見張ったげるからね」と言うのですが、ポールはいつもササっと走り去り、済ませて、すぐに私に追いついてきます。「はやっ!」と言うと、「男の子だからね」と。そりゃそうですね。羨ましい。

朝方ということもあり、冷えるのと、なかなかバルにたどり着けずトイレが無いことが多いので、ポールといる時に野ションをするのが恒例になっていました。

f:id:norimakiararechan:20170421005257j:image

この教会、トイレが無くて、裏でさせていただきました。罰当たりな私。

サン・パウ病院のご縁

ある時、ポールがバルセロナの話をしていて、サン・パウ病院の話になりました。サグラダファミリアを作ったガウディが電車に轢かれて亡くなった場所。ポールはサン・パウ病院のすぐ横のアパートで生まれ育ったというからびっくり。私は「私、サン・パウ病院に行ったことあるよ!グエル公園に行く前に寄った。トイレに行きたくてサン・パウ病院に行ってん。綺麗なトイレやったわ。」と言うと、ポールは笑って、「君は世界中でトイレをしてるんだね。僕の近所でもしてるなんて。」と呆れていました。(旅人なら誰だって世界中でトイレをしてるけどね。生理現象や。と言いたかったが英語で言えず…。)

そんなポールはバルセロナで生まれ育ったのにサグラダファミリアに入ったことがありません。何で?と聞くと、「あそこはクレイジーツーリストが行くところ」と即答。まあ確かに。私も通天閣には登らない。いいものはいいのにね。建築とかアートに興味ないと言う冷めたバルセロナっ子でした。

ポール、アートに目覚める

 そんなポールが、オンタナスという村で急にノートに絵を描き始めました。

「オンタナスの村があまりに美しいから、写真を撮りたくなったけど、カメラを持ってきてなくて。でも記憶に残したいから。だから絵を描くことにした。描いたことないけど。」とニッコリ。

なんて素直な子。だけど、描き方が全くなっておらず、子供のひどい落書きレベルでした。

でも、分かるよ、ポール。絵の上手い下手じゃなくて、この、描いてる時の風景が、絵が下手でも、記憶に残ると思うよ。

ほっこりした気持ちになった私でした。

f:id:norimakiararechan:20170421005114j:image

私もオンタナスの村は描きたいくらい好き。

f:id:norimakiararechan:20170421005141j:image

オンタナスの町

 

 

それ以降、町に着いたら、1人でノートに毎日絵を描き続けたポール。最後にレオンで見せてくれた大聖堂の絵はそれなりに形になりつつありました。(最初より大分、絵になっています。)

f:id:norimakiararechan:20170421005548j:image

↑レオンの大聖堂。

 

それがこうなった

 ↓ ↓ ↓  ↓  ↓

 

 

f:id:norimakiararechan:20170422011839j:image

笑わないでやって。彼の絵の才能はまだ花開いてないだけ。可愛いから許してやって。

旅先で新たな自分を見つけたのか?

日本では汚い和式のトイレに入りたくない私ですが、旅先では青空の下で開放的に用を足すのもへっちゃらになってしまいました。

ポールは、ガウディにこれっぽっちも興味のないバルセロナっ子だったのに、旅先で急に絵を描き始めました。(まだ才能が開花する気配はなし。)

 

実は私、「自分探しの旅」とかいう言葉は、好きではありません。

普段の生活の中で、自分で自分を分かってない人が、急に海外に行って、わーお!新しい自分を発見!とかって薄っぺらくないか?と懐疑的になります。日本で生活してたって、自分の新たな一面を発見できるだろうよと思ってしまいます。

そもそも自分を全て分かった気でいたのか?と思うこともあります。

「自分を探しに行く」なんて、そんな大それたことを旅に期待されても…旅は楽しむだけでええやんか、と思うこともあります。

 

そんな私が旅で気づいたこと。

 

「野ションができちゃう新たな自分を発見!」

 

せいぜいそんなレベルです。

ポールもアートに目覚め、私もワイルドに拍車をかけた。

そんなことを思い出させてくれる将来のガウディとの思い出でした。

 

 

 

 

カミーノで知り合った旅人の話〜スペイン人のスザンナのこと

2016年のカミーノはこの女との出会いから始まりました。スペイン人って本当に情熱的なんだなと感心した女性。その名もスザンナ。同じくアラフォー独身。私の大切なamiga(友達)です。

続きを読む

スペイン巡礼⑥ カミーノでの毎日。主にこんな生活をしています。

カミーノ・デ・サンティアゴについて、たくさんブログに書いているものの、どういう日々を送ってるのか?歩いたことのない人はいまいちピンとこないのでは?という懸念が浮かびましたので、こんな一日を過ごしているということを、実例を挙げてご紹介します。

続きを読む

スペイン巡礼⑤ カミーノを3年連続で歩いている私がオススメする、荷物チェックリスト完全版。(アラサー以上向け)

三年計画のカミーノ。最終年なので、これまで2回の経験を経て、荷物のスリム化、軽量化に重点を置いて準備します。

続きを読む

今更だけどマドリードでしたいこと10選 そういえば巡礼以外のスペインのオススメって?

2017年4月5日、

日本とスペイン間でワーキングホリデー協定の署名が行われました!わーい!

おっと、対象者は30歳まで。

くそーアラフォーに関係なかった…。

そんな悔しい思いを胸に、カミーノ巡礼のために、今年もスペインに乗り込みます。マドリードinマドリードoutなので、マドリードでしたいことリストを作ることにしました。

続きを読む

カミーノで知り合った旅人の話①〜ブラジル人のイニエルとレイバのこと〜

旅先で一緒に時間を過ごし仲良くなった人たちにオモロい人らがたくさんいます。旅をしたから出会えたオモロい人達。気が向いた時に、何となく、そういう友達を紹介していこうと思います。

続きを読む

T2(トレインスポッティング2)公開記念!イケてるUKロックをオススメするヒットソングプレイリスト21選。

目次

  •  なによりイギリス音楽LOVE
  • UKヒットソングメドレー
    • 1)Iggy Pop "Lust for life"
    • 2)PULP "Common People"
    • 3) David Bowie "Starman"
    • 4)oasis "Wonderwall"
    • 5)Coldplay "Viva la Vida"
    • 6)CLASH "London calling" 
    • 7)Fratellis "Frathead"
    • 8)Blur "Park life"
    • 9)Ash "Kung Fu" 
    • 10)Primal Scream "Country Girl" 
    •  11)Queen "Don't stop me now"
    • 12) The Who " My Generation" 
    • 13)Sex Pistols"God save the queen" 
    • 14)Arctic Monkeys  "I Bet You Look Good On The Dance Floor" 
    • 15)Franz Ferdinand  "Do You Want To" 
    • 16)Jamiroquai "Virtual Insanity"  
    • 17)Lou Reed "Perfect Day"
    • 18)Radiohead "Paranoid Android" 
    • 19)Prodigy "Breathe"
    • 20)The Beatles "Helter Skelter" 
    • 21)Underworld "Born Slippy" 
  • まとめ

続きを読む

トレインスポッティング2 公開記念!何でそんなにイケてるの?私を夢中にさせるおすすめイギリス人俳優6選

トレスポに夢中になった20歳の頃から20年。

トレスポはスタイリッシュ映画の象徴。ポストカード、ポスターを、手帳にはさみ、壁に貼り、いつでもどこでもヤク中のレントンが私を見ていました。そしてサントラを何千回聴いたことか。

T2公開で盛り上がっているので(特に私)、この機会に私の愛するイギリスを見直していくシリーズ。俳優編。

続きを読む

私の暇な時の遊び。トレスポ2に刺激され、ロンドンに行くための航空券GETをシュミレーションして想いを馳せる。

ロンドンに行くために

いよいよトレインスポッティング2公開でテンションの上がっている私です。

f:id:norimakiararechan:20170407185305j:image

私の中でトレスポ週間・トレスポ祭りが始まりました。もうUKに心が20年ぶりに完全に奪われております。再来週あたりからスペインに旅立つというのにイギリス熱にうなされつつある…。

続きを読む