アラフォー女バックパッカーの無敵の旅の話

働きながら、少ない給料と有給休暇をフルに使って旅をしている勝手気ままな女の旅の話。旅で撮った写真もはさみつ

【目次】旅先で本気でヒヤッとした事件簿まとめ

旅先で本気でヒヤッとした事件簿 今後も旅を続けていく中で、これからもヒヤッとした事件簿が増えていく予定ですが、増えないで欲しいのが本心。 何事もなく穏やかに旅を終えたい。でも、ヒヤッとするくらいでとどめておける事件ならまあいいか。 人がヒヤッ…

【目次:スペイン巡礼】まとめカミーノ・デ・サンティアゴの足跡。

カミーノ巡礼について、思いついたことを思いついた順に書いていたので、時系列、内容がバラバラで飛び飛びになっていました。 ここで、わかりやすく整理し、簡潔に、エピソードは時系列順に並べ直しました。 目次としてお使いください。(目次をクリックし、…

旅人と旅行記。気づいたら旅行記を読まなくなってた件。【ご無沙汰してます、沢木耕太郎様】オススメ旅行記とかも。

お題「好きな作家」 私の本棚 読書の秋ということで、次はマンガじゃない本を読もうと思ったものの、私の本棚はやっぱり偏っています。 本棚に並んでるのは(マンガ以外で)、村上春樹か、沢木耕太郎か地球の歩き方かといったところ。

拝啓チェ・ゲバラ殿、キューバで会おう。【若林正恭「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」を読んで発病】

今週のお題「行ってみたい場所」 最近、仕事が立て込んでいて、旅に出れていません。 そんな中、時々出る症状が久しぶりに出て困っています。旅人が時々うなされるようにかかるあの病気です。いつもの病気です。 主症状ですが、心がキューバに飛んでしまいま…

益田ミリ作「週末、森で」を読んで、週末、森に行きたくなる。

今週のお題「読書の秋」 前回、私の大好きな作家益田ミリ先生をご紹介したのですが、割と反響があり、嬉しいです! それで、本棚の中から読み散らかしたミリ作品の中で、今の私の気分にマッチしたものがあったので、それもご紹介します。

「読書の秋」アラサー・アラフォー女性のやさぐれたハートには益田ミリのマンガがおすすめ

今週のお題「読書の秋」 最近、仕事の方でも文章を書く仕事が舞い込んで、旅を妄想することからも、ブログを書くことからも遠ざかっていました。 読書の秋やし、なんか本でも読もうかなと、私の偏りまくった本棚(ジャンルも本棚も傾いている)から本を探すこ…

カミーノで知り合った旅人の話〜ドイツ人のコリアくんに、「日本はNo future...」と言われた話【後編】

前回カミーノで知り合った旅人の話〜ドイツ人のコリアくんに、「日本はNo future...」と言われた話【前編】の続きです。 「日本はフクシマのことがあったから、No futureだ」と言って議論をふっかけてきたドイツ人青年コリア。1対1の討論が、メラニーの登…

カミーノで知り合った旅人の話〜ドイツ人のコリアくんに、「日本はNo future...」と言われた話【前編】

最近、北朝鮮のミサイル問題を、カミーノで知り合ったヨーロッパに住む友達が心配して、私にメールをくれることが増えています。北朝鮮のあの人は「Mad man」という呼び名なんでしょうかね。遠く離れた日本のことや、日本に住む私のことを心配してくれている…

初心者でも1人でも富士山に登れます!【アラフォー女バックパッカー的視点で、登ってみて気づいたこと】

富士山を初めて登ってみて分かったこと、気づいたことがたくさんあります。 登る前に結構ネットで下調べしたのですが、それでも分かってなかったことなどを挙げてみます。これから初めて登る方の参考になれば幸いです。当たり前すぎることから、参考にならな…

【女1人で登った富士山③須走ルート完全ドキュメント】星が落ちて、雲に飲まれて、太陽を浴びる。須走、砂走りの巻。

山小屋で19:30に寝て、8時間睡眠のはずか、緊張からか、2:30頃に目が覚めてしまった私。(7時間寝れたら上等説あり。) 寝袋でゴロゴロしながら、ハイジの寝床みたいに、空の見える窓から外を見ると、すごい星の数。一気に目が覚めました。

【女1人で登った富士山②】初の山小屋宿泊。噂通りの絶品豚汁が沁みる…大陽館のオススメポイント

山小屋のおばちゃんの、私に対する第一印象(ドタキャンしようとしたバカな女)を挽回しようと笑顔で、「わー!」「いいですねー!」を連呼し、説明を聞きました。うまく挽回できたと思われます。

【女1人で登った富士山①須走ルート完全ドキュメント】This is not race. 標準時間に惑わされず登る。

2017年8月31日〜9月1日の2日にかけて、日本で1番高い場所、富士山に登って下りてきました。 体育会系でもない、体力もそれほどないアラフォーが、直前の2週間のジム通いで鍛えた(?)下半身と、好奇心と、強靭なメンタルで臨んだ富士登山。

【女1人で登るのか?富士山③】大阪からどうやって行く?アラフォーができるだけ無理をせずに登るスケジュールは?

須走ルートを登ると決めた私は、大阪からどうやって行こうか悩んでました。 20歳若ければ、夜行バスで登山口近くまで乗り込んでそのまま登るなんてことをしてそうな私ですが、さすがにそれは、腰痛持ちの40の体には酷です。安上がりかつ楽な方法は??

【ブログ報告】ブログ半年経過!真剣に陸でもマイルを貯めはじめて半年経過しました!

めでたく、ブログを始めてから半年が経過しました! 凝り性で飽き性の私ですが、何とか続いています。良かった良かった! 見てくれる方々のおかげです!感謝!ということで。 感謝 読者の方が120名を超えました! ツイッター経由で見てくださる方も増えまし…

【女1人で登るのか?富士山②】急に思いついても大丈夫?!慌てて準備していること。オススメグッズ。

前回のような理由で富士山に登ることにした私。 とりあえず、いくつかルートがあるらしいので、それを調べ、また、富士登山に何を準備すべきかも調べてみました。

【女1人で登るのか?富士山①】きっかけは?恥ずかしながら、外国人に勧められて富士山に登ってみようと思いました。

特に山ガールというわけではありませんが、富士山に登ってみることにしました。(予定) きっかけ 昨年末18きっぷで富士山を見上げた ベルギー人、クロアチア人に富士山の素晴らしさを学ぶ 40歳の夏だし 余談ですが 18きっぷで富士山にできるだけ近づくには? …

【南インド旅⑥】インド大陸三角形の先っちょへ!聖地カニャクマリで3つの海に抱かれる。そしてもう1つの聖地…

南インド旅のフィナーレは、ここで迎えます。 前から行きたかったインドの1番先っちょの場所です。世界地図を見るたび気になってた場所、カニャクマリ。名前のかわいさに余計に惹かれますが、どうやら、ありがたい聖地のようです。 カニャクマリとは トリヴ…

【大阪発・青春18きっぷ】往復2370円で余裕で日帰り宮島・広島弾丸旅!

青春18きっぷを楽しめる夏がやって来ました! 今回は、バックパッカーかつ18キッパーの私が、大阪から日帰りの宮島、広島旅行をご紹介します! 日帰りで18きっぷを使うには 宮島へのタイムスケジュール なんと宮島フェリーも乗り放題 厳島神社・鹿・カキ・し…

【南インド旅⑤の補足】旅を悲しい思い出にしないために。コヴァーラムビーチを楽しむために注意したいこと

楽しい旅の地での悲しい出来事 楽しい旅の地での悲しい出来事 私が思うこと コヴァーラムビーチでの注意 旅先でしか得られないもの〜コヴァーラム〜 ①コヴァーラムビーチのアラビア海の夕焼け ②German Bakery で飲んだアーユルヴェーダティーとレモンケーキ …

【南インド旅⑤】インドのビーチで、アラフォー女がボディーボード・デビューの巻。

コヴァーラムビーチの朝 アーユルヴェーダ発祥の地 インド人は服を着て海に入る。 インド人のおじさんラージにボディーボードを教わる。 アラフォーがまだ全力で遊ぶ。

【南インド旅④】インド一美しいというコヴァーラムビーチへ。インドで初のリゾート旅デビュー。

今日、どこに行こうか? ハウスボードで一泊するミッションが、橋が壊れ落ちたせいで叶えられなくなってしまったため、丸一日1日予定が空いてしまいました。

【2017年フジロック】オザケンが朗読してた「夏休み」の話を聞いて思ったこと

お題「フェス」 フジロック2017年の2日目。因縁の2人。 1ラウンド目のオザケン ホワイトステージ「魔法的」 2ラウンド目のオザケン ピラミッドガーデン「夏休み、我らが社会の偉大なる時計」 「夏休み」の朗読を聞いて考えたこと フジロック2017年の2日目。…

【南インド旅③】知らない町に着いたらまず寄ろう観光案内所。旅の最大の目的、ハウスボードへ!がしかし不測の事態。

コーチンから南のコヴァーラムビーチへと向かうことにしていたのですが、手段は夢のハウスボートで一泊して、運河を南下して向かう予定でした。別名ハネムーンボートとも呼ばれる高級感ただよう大型の船です。

【南インド旅②】コーチンでカタカリの世界観に衝撃を受ける。

【南インド旅】の続きです。 www.ararechantravel.com ほとんど何も知らないままコーチンに上陸した私。さて、コーチン、何があるかな。唯一、興味を持ったのが、カタカリ。今日はカタカリを見るというのをミッションにして、あとはぶらぶらしようと思い、リ…

【台風直撃の第1回フジロックフェスティバル】天神山での嵐の夜の思い出

明日からフジロック参戦です。今年は台風も久しぶりにフジロックに参戦する気配。ちょっとワクワクしつつ、「惨劇」「地獄」と言われ伝説になっている第1回のフジロックの思い出を書くことにしました。

【南インド旅①】「聞いたことがなかったから」という理由で旅の行き先を決めたら、本当に未知の世界が広がった話。

未知で魅惑の南インド 聞いたことのない地名を見かけて、そこがどこなのか(インドだということは分かっていました)、そこに何があるのかを知らないまま興味が湧き、旅の行き先に決めたことがあります。その旅で、魅惑的な南インドを初めて旅しました。

カミーノで知り合った旅人の話。〜韓国ののび太くんの話〜

先週末、のび太くんが大阪に来ました。 のび太くんとは、私が勝手に彼につけたあだ名で、本名はチョーくんといいます。昨年のスペイン、カミーノで知り合いました。 のび太くんについてご紹介しようと思います。

日本に魅力を広めたい!インド映画の奥深さを③。バックパッカーの私がオススメする、今のインドを知れるボリウッド映画10選

ボリウッド映画の奥深さを伝えたいシリーズ第3弾です。 おさらい 1.きっと、うまくいく 2.チェイス! 3.スチューデント・オブ・ザ・イヤー 4.恋する輪廻オーム・シャンティー・オーム 追加でご紹介! 5.バルフィ!人生に唄えば オススメポイント 6.チェンナ…

日本に魅力を広めたい!インド映画の奥深さを。一部で大ブームのマサラ上映とは?オーム・シャンティー・オーム!【応用編②】

ボリウッド映画の奥深さを伝えようと思い、まずは三大カーンのご紹介を以前させてもらいました。→日本に魅力を広めたい!インド映画の奥深さを。ボリウッドの魅力、3大カーンとは。入門編① - アラフォー女バックパッカーの無敵の旅の話 本日は、一部で大ブー…

【オススメ旅グッズ】AmazonでGETしてきた私の旅の愛用品6選をご紹介。

私が旅で使っている物で、amazonで買えるバックパッカー御用達の旅グッズをご紹介します。