アラフォー女バックパッカーの無敵の旅の話

働きながら、少ない給料と有給休暇をフルに使って旅をしている勝手気ままな女の旅の話。旅で撮った写真もはさみつ

【ベトナム・ホイアン旅⑥】小ネタ集その3。Amazonで買ったベトナム用SIMカードが現地より安くてこの上なく便利だった。

こんにちは、あられ(@n0riarare)です。

インフルエンザにしばかれ続けて1週間、ようやく仕事復帰です。

ベトナムから休み続けてる気がして、働くことを忘れそうです。

さて、ベトナム旅で、めちゃくちゃ便利だったもの、それはsimカード!

私のiPhoneも昨年simフリーになり、初の海外simフリーデビューしました。

ベトナムで使ったsimカードを紹介します。

SIMフリーって?

docomoやau、SoftBankで契約した携帯電話・スマートフォンは契約した会社でしか使用できず、他社への乗り換えが非常にしにくかった時代を経て、現在は、SIMロック解除が義務化され、様々な格安SIM業者(MVNO)が登場、大手キャリア(MNO)のdocomoやau、SoftBank以外の通信会社への乗り換えが簡単になりました。simフリーとは、キャリアに縛られずにどの通信業者とも契約できる状態を指します。

格安SIMとは

私は、iPhoneが世に出てからは、長年、SoftBankユーザーだったのですが、毎月の支払いがどう考えても高すぎることでうんざりしていました。

ポイントサイトのキャンペーンにあわせて、ハピタス経由で格安sim業社(MVNO)のBiglobeの格安simに乗り換えました。

どれだけ格安かと言うと、Softbankの時は、iPhoneは分割払いだったので、機種代も含めて毎月の支払いが1万円を超えていましたが、BIGLOBEに乗り換えてからは、毎月6GB使えて、60分通話無料がついて2000円台。

iPhone7の機種代の月賦支払いが月々4000円くらい残っていてSoftBankにあと何ヶ月か払わないといけないのですが、それを足しても、携帯電話にかかるお金は毎月6000円。もう少し経てば、iPhoneの機種代が完済するので、携帯代は毎月2000円台で済むことになります。

月々の携帯電話代が安く済むのもおトクなのですが、バックパッカーとして、SIMフリーにしてもっとも嬉しさを感じる時、それは海外旅行の時です。

海外で、安く使えるSIMカードに入れ替える

海外旅行時、これまではWi-Fiのみの使用で、モバイルデータ通信をオフにしていました。

まあ、これでも意外とフリーWi-Fiが日本よりもあちこちに飛んでいるので、良しとしていましたが、 お茶をする時はWi-Fiの飛んでるカフェを選ぼうと探したり、 宿もWi-Fiが部屋でも繋がることが必須条件にしていたり、少し窮屈な思いもしていました。

韓国や台湾など2泊程度の旅の時は、Wi-Fiルーターを一日700円くらいでレンタルして、いつでもWi-Fiを使ってネットができる環境にしていたりもしました。これは、便利なのですが、二泊三日なら2100円くらいレンタル代がかかるし、Wi-Fiルーターも充電しないといけないし、ルーターが重たいのも難点でした。

SIMフリーにしてから、何が楽って、海外のそこの土地で使える安いSIMカードを買って、自分のiPhoneに差し込んでしまえば、日本にいる時と同じ感覚で携帯を使えまくれるということ。

ベトナム旅では、ベトナムで使える3G回線のSIMカード(15GB分)をAmazonで669円でGETしてから旅立ちました。

f:id:norimakiararechan:20180220214945j:image

f:id:norimakiararechan:20180220214958j:image

まあ、これが大正解でした。

現地のダナン空港でSIMカードの相場をチェックしたところ、

10GBで250,000ドン(1200円くらい)でした。(会社によって多少の誤差あり)

Amazonで旅立つ前に買っておいて、日本にいる間から、使い方を調べておくと不安も解消。

また、現地の空港で拙い英語で説明を聞いたり話したりする時間も短縮できました。

これからも、前もってAmazonでSIMカードをチェックしてみようと思った次第です。

f:id:norimakiararechan:20180220214733j:image

穴をツンとつつく器具を忘れずに持っていかないといけません。ヘアピンとかで代用してる旅人を見たことあるけど。

Vietnamobile SIMカードの設定方法

SIMフリー携帯にしてから初の海外のSIMカード挿入…。

緊張が走りました。

ややこしい設定を間違えたらどうなるの、私のiPhone…。

と思いきや、

電源オフしてから、

例の穴をツンと突いて、

パカっとカードの差し入れ口が出てきて、

そこへカードを入れ替えて押す。

そして電源オン!

それで設定は完了でした。

これだけ??と思いましたが、特に設定は必要なく、そのまま使えてしまいます。

f:id:norimakiararechan:20180220214858j:image

f:id:norimakiararechan:20180220214908j:image

ちゃんと、シンプルな日本語の説明書がついてきます。

 

669円払ってSIMカードを買っているので、そのまま何も支払うことなく、手続きも必要なく、ベトナムでネットを使いまくることができました。

Google mapを見まくって、

Instagramに撮った写真をあげたり、

美味しいお店をネットで調べたり、

自由自在にネットを使いまくった5日間で

15GBのうち2GBくらい使いました。

ダナンとホイアンをウロウロしましたが、

ネットが繋がらなかったり、

速度が遅くてイライラする、

なんてことは一度もなく済みました。

あんまりiPhoneに頼りまくる旅は好きではないのですが、弾丸旅の場合は、ある程度は効率よく旅せねばいけないので、

情報を調べるのも必要、スマホも必要、

と感じました。

携帯をSIMフリーにして正解だったと実感。

しかし、便利な世の中になったもんです。

インドを旅していた昔、国際電話のできる店にわざわざ行って、時間を気にしながら日本に電話したコルカタの汚い路地裏の電話を思い出して懐かしくなりました。

もう無いだろな。商売にならないし、あの国際電話屋さんは、今はSIMカード屋さんとかになってるかもしれないな。

あ、抜いたSIMカードを保管しておくミニサイズのジップロックをお忘れなく。

日本で使っているSIMカードを無くしたら、日本でいろんな意味で迷子になりますのでご注意!