アラフォー女バックパッカーの無敵の旅の話

働きながら、少ない給料と有給休暇をフルに使って旅をしている勝手気ままな女の旅の話。旅で撮った写真もはさみつ

【ミャンマーのバガン旅⑤】ミャンマー・バガンへの行き方。私の場合は空路でLCC!(エアアジアとゴールデンミャンマー航空)

ミャンマー、バガン へはどう行ったか?についてご紹介です。マイルは今回は使っていません。

空路で日本からミャンマーに入るためには、ヤンゴンにまず入るのがメジャーなルートだと思います。 私の場合、ヤンゴンに入ってバガンへ移動する方法にしました。

f:id:norimakiararechan:20171113010331j:image

雨女のいつもの風景

バガンへ陸路?空路?

時間が有り余る学生時代や無職時代は、陸路で東南アジアを渡り歩くのが、時間はかかるけど安上がりで楽しいものです。

しかし、私は時間に限りのある社会人バックパッカー。時間をお金で買うことも必要です。

がしかし、同時に貧乏バックパッカーでもあるので、直行便で時間短縮!なんて贅沢なことも難しかったりします。

そこで、貧乏社会人バックパッカーの味方、LCCを駆使して、安く空を飛ぶことにしました。

バガンへの飛行機は?

バガンへは、関空からクアラルンプール経由でヤンゴンへ飛び、翌日にヤンゴンからバガンへ飛びました。タイムスケジュールはこんな感じです。

【往路】

①23:35関空(KIX)発→05:35クアラルンプール(KUL)着

〈KULで1時間20分のトランジット〉

②6:55KUL発→8:00ヤンゴン(RGN)

〈1日ヤンゴン観光し、翌朝〉

③10:30RGN発→11:50ニャウンウー着  

【復路】

④13:55ニャウンウー発→15:15RGN着

〈ヤンゴンで3時間50分のトランジット〉

⑤19:05RGN発→23:20KUL着

〈KULで1時間40分のトランジット〉

⑥1:00KUL発→8:25KIX着

①②⑤⑥の関空ヤンゴンの往復は、エアアジアのセールでまとめてGETしたので、往復あわせて2万円台。

(エアアジアは、アジア各国へ片道9900円とかのセールが年に何回かあります!その時は要チェックです。)

エアアジア|LCC|格安航空券
毎回フライトを予約するたびにBIGポイントを取得! 今すぐログイン弾丸チャレンジャーズ募集中!エアアジアがお届けするとっておき旅情報就航地情報ビギナーズガイド弾丸チャレンジャーズ募集中!エアアジアがお...

 

③④のヤンゴンとニャウンウーの往復はLCCのゴールデンミャンマー航空をネットで買いました。こちらも往復6千円くらいで格安でした。 ゴールデンミャンマー航空は、スカイスキャナーのアプリで安い航空券はないかチェックして見つけたLCCです。


1. Valid on Y5 flights and one way fare only ‚ non-transferable and non-endorsable . 2. A class for ...

Skyscanner 格安航空券検索

Skyscanner 格安航空券検索

  • Skyscanner
  • 旅行
  • 無料

 

最近は大体の国がLCCを持っているので、チェックしてみると聞き馴染みのない飛行機会社を発見できます。

インドのスパイスジェットとか、

ネパールのイエティー航空とかネーミングセンスにしびれます。

評判の悪い航空会社もあるので、口コミは必ず目を通した方がいいですが、面白いのでチェックだけでもぜひ。

飛行機代がウン十万する時代はとっくに終わってる

海外旅行をすると聞いて、「金持ちやなー」という人が必ずいます。

「格安の貧乏旅行やし」と私が言っても、飛行機代にウン十万使っていると信じて疑わない人もいます。

いつも思っているのですが、大阪から東京まで新幹線で往復してディズニーランドに行く人の方がよほど金持ちやなーと。

f:id:norimakiararechan:20171113010508j:image

ディズニーのパレードより安上がり

私はヨーロッパでさえ高くても6万円代で行きますし、3万円で日本からヤンゴン、バガンへ行って帰ってきてお釣りがありました。

土日発着で、3万以内でアジアを往復できたら、自分の中でまあ、良しとしています。

f:id:norimakiararechan:20171113010423j:image

バガンで気球に一回乗る値段と、大阪からバガンの往復の飛行機代と比較して、飛行機の方が安いんだからびっくり。

何にお金をどのくらいかけるかはその人の自由。

私は、飛行機代をケチって、何度でも旅に出たいという考えです。

LCCのおかげで世界が近く感じられます。

また行こう!と簡単に思えるので、日程の関係上見逃したゴールデンロックは次回に回そうと思います。