アラフォー女バックパッカーの無敵の旅の話

働きながら、少ない給料と有給休暇をフルに使って旅をしてきた勝手気ままな女が、陸マイラーという概念に出会った物語(現在進行中)。旅の話や旅で撮った写真もはさみつつ。

安いから心配無用!フジロック必需品。私のおすすめグッズ。

ロックの日なのでまたロックの話を。

「夏フェスや!」と浮かれ気分で、色々買い揃えてお金を散財するのは夏フェスあるあるです。

 

 

THE夏フェスルックで服を仕上げるのも夏フェスあるある。

特にフジロックは山ガールぽいTシャツに短パン、レギンス等のカラフルなトータルコーデで、山用の紐付きの帽子、首元には物販のタオルを巻き、足元は野鳥の会の長靴。何を着るのも自由ですが、ロックな服というより、アウトドアな服こそがロック(フェス)みたいになってきている矛盾を感じます(まあ夏やしね)。

そうは言っても野鳥の会の長靴を持って行く私。もはやユニフォームと捉えた方がいいでしょう。

f:id:norimakiararechan:20170609220321j:image

で、

オススメしたいフジロックにおける必需品が、

1.折りたたみ椅子

2.長靴

キャンプサイトであったら便利な代物

3.バーナー

です。

1.折りたたみ椅子。

ヘリノックスにこだわらない!

f:id:norimakiararechan:20170609222616j:image

f:id:norimakiararechan:20170610100546j:image

 

折りたたみ椅子のベストアンサーは間違いなくヘリノックス型です。これは革命と言ってもいいです。こんなに小さくなるシンプルな作りなのに充分快適な座り心地。17000円とか高すぎるけどお洒落だし仕方ない…と思う前に。

ヘリノックスブランドにこだわなければ、類似品なら3000円前後と、とても安くで購入できます。形はヘリノックスと全く同じ。この型以外のイスは全て重くなるか座り心地が悪いかのどちらかです。持ち運びと長時間座ることを考えると、この型以外にありません。G4FreeとかドッペルゲンガーとかPONCOTANとか。(聞いたことないメーカーだということは気にしない。)

私の愛用しているものは、ドッペルゲンガーというメーカーのものですが、ヘリノックスと大きさ、形、重さはほぼ同じ。座ってしまえばドッペルゲンガーって分からないから問題無し。

柄の豊富さ、オシャレさはヘリノックスの完全圧勝ですが1万円浮かせられるなら妥協できます。使わない時は家で布をかけてオシャレチェアーに見せかけています。

2.長靴。

派手でいいと思う!野鳥の会にもこだわらない!

 苗場と言えば雨なので長靴は必須。

オシャレにHunterの高い長靴は、重すぎるので避けた方が無難。で、結局リュックに入れやすい野鳥の会の長靴を選んで、何千人とお揃いになるのもいいでしょう。

f:id:norimakiararechan:20170610100826j:image

こんなに小さくなるし

2000円弱をケチりたければ、BでなくWのマークの長靴もアリ。安いし色も豊富。折り畳めるのは全く同じ。ちょっと個性出すのもいいのでは?

store.shopping.yahoo.co.jp

3.カセットバーナー。

軽くて小さくてお湯を沸かせたら合格!というレベルでOK。

f:id:norimakiararechan:20170609223941j:image

f:id:norimakiararechan:20170609224019j:image

この極小サイズ!

山歩きをする時にも使ってます。主に出前一丁を食べるとか味噌汁飲むとかの使用目的。

f:id:norimakiararechan:20170609224054j:image

出前一丁もグツグツ沸く!

だけど充分パワーがあり、あっという間に沸きます。こんなに小さいから持って行って損はないです。

キャンプサイトで寒くなって、温かい飲み物だけを買いにわざわざ歩いて、並んで、歩いて戻ってくるのが面倒な深夜。テントのそばでひっそり湯を沸かすのも極上の贅沢。

 

この3点がすぐ思いついた、私のおすすめのフジロック必需品です。

また思いついたらアップします。

ワクワクしてきた。

 

www.ararechantravel.com 

www.ararechantravel.com