アラフォー女バックパッカーの無敵の旅の話

働きながら、少ない給料と有給休暇をフルに使って旅をしている勝手気ままな女の旅の話。旅で撮った写真もはさみつ

カミーノで知り合った旅人の話〜ベルギーのスタンのこと〜

今まで旅先で出会った人の中で、一番オモロくて明るくて変な男の話です。

f:id:norimakiararechan:20170427225936j:image

カミーノで笑い続ける

ベルギーからやってきたスタンは、身長が190cmくらいあって馬鹿でかくて、ドレッドヘアでどこにいても目立つ人。

あと、大きい声で笑うので、座ってても姿が見えなくても目立ちます。

昨年のカミーノで、彼は、イタリアン軍団に一人混ざって、イタリア風のなまりを駆使した英語を使い続け(全くイタリア語を話せていない)、

「ボナペティ!」をイタリア人よりイタリア人ぽくジェスチャー付きで言えていました。

私を見たら「ドウシタノ?」と言って合掌をしてくる、間違った日本人の挨拶のモノマネも得意です。(間違っていることを分かってやっている確信犯です。)

しんどい山道も大雨の日もいつでもふざけているスタン。

豪雨がカッパに当たる音を

「Music!なんてロックなビート!」

と言って喜ぶし、

疲れ果てて宿に辿り着いたペレグリーノに「FULL!(満室やで!)」と手でバツを作って、困らせたりする。

洋服の洗濯は、服を着てシャワーを浴びながら体もろとも服を洗濯している。

ブルゴスやレオンの大聖堂には全く見向きもしない。理由を聞くと、「入場料を取るなんてfuckだ。ベルギーのゲントは無料で壮大な大聖堂に入れるのに。」と、自分の町の素晴らしさを写真を見せながら語ってくれる。

「お金がないし」と言って、あまり食事をせず、ビールと赤ワインとポテトフライ(ベルギー人らしい)だけで栄養をとっているような男でした。

f:id:norimakiararechan:20170427231846j:image

エリザベスとはしゃぐスタン

はじまりはいつも雨

スタンといる時は大体大雨。

1日歩き終わって、観光でもしようかと思うと土砂降り。

仕方なくバルに入るとスタンがいて、もしくは後からスタンがやってきて、ダラダラと一緒に過ごすパターン。

「雨、止まないね」

「雨強まってきたね」

「あの人、ずぶ濡れやな、くくく…笑」などなど窓の外を見ながら一緒に観察。

人間観察、ペレグリーノ観察が好きな私たちは、

「あの人のいびき、昨日凄かったで」

「あの人のジャケットいいな」

「あの人、あの子と別れたんかな?」(カミーノで付き合い始めたカップルが中にはいます。途中でパートナーが変わる場合もあり)など言いながら。

せっかくの都会レオンでも大雨で、

「どこも行けないね」と言いながら、何杯も飲んで(私は緑茶「テ・ベルデ」を挟む)ダラダラ過ごしました。

スタンは、ただの人間観察好きではなく、色んな人と楽しくコミュニケーションをとるので、みんな彼が大好きで寄ってくる。

おばさんでもおじいさんでも。

寄ってくる人たちに、

「右足、良くなった?」

「靴、新しいの買えた?」と聞いたりして、色んな人のことを分かっているスタン。

人たらしです。

たまたま彼は、私の今の仕事と同じ仕事をベルギーでしていたので、仕事の話も時々話しました。「仕事でも、人を笑顔にさせることは自分も笑顔になる」なんて柄にもなく真面目なことを言う男。

今は、仕事をやめてフォトグラファーをしながら旅しているとのこと。

どんな綺麗な風景を撮ってるのかなと思って、彼のカメラを見せてもらうと、風景よりも人の顔が多くてびっくり。

ペレグリーノの自然な表情をおさえていたり、面白い瞬間の顔をおさえていたりして、見てるだけで楽しくなる写真ばかり。

スタンにしか撮れない写真。

多分、人が好きなんやな、あいつは。

f:id:norimakiararechan:20170427231806j:image

メグライアンとクラウディアシファーとブラピ(どこがやねんレベル高め)

カミーノの後…

そうそう、彼は車に住んでいます。

トレーラーハウスとまではいかないバンが彼の家。

カミーノを歩き終えたスタンは、フランスに停めておいてたバンに乗って、イタリアやスロベニアを車で旅してベルギーに帰って行きました。

それからまたアルプスに住み着き、この4月からまたカミーノの今度は北の道を歩くことにしたらしい。

北の道のカミーノは、私が歩くフランス人の道のルートと違って、アップダウンが激しく、足を痛めてビルバオで静養中と数日前に聞きつけたので、私は、予定を変更し、スタンに会いに行くことにしたのでした。

f:id:norimakiararechan:20170427232213j:image

信じがたいけど彼の家…

ビルバオで再会。やはり笑える男。

またまた土砂降りの中、バルでスタンと再会。

昨年と同じパターンに2人して爆笑。

相変わらず、「ドウシタノ?!」と言って合掌してるし。

昨年のカミーノで、当初から気に入っていたオーストラリア人のエリザベスに、木っ端みじんにフラれた話をしてくれて爆笑。

色んな自虐エピソードで笑わせてくれるスタン。

エリザベスの捨て台詞「家のない男とは付き合えない」って正論だと思ったけどね、かわいそうに。

そんな無茶苦茶な生き方の彼ですが、フィリピンの支援活動をしたり、EUの難民支援の活動をしたり、なかなか熱い男。

初めて話した時、お互いにこれまでの自分の生き方の話をして、「Selfish!(わがまま野郎)」と言ってお互いに笑い合ったのが始まり。何だか初めて話した時から、相棒な気がしたのでした。

だけど、私もスタンも、お互いが、ただわがままに生きているだけじゃないことを分かっている。

とにかくいいヤツ。

地球規模で絶賛彼女募集中です!

f:id:norimakiararechan:20170427231939j:image

 

 

www.ararechantravel.com

 

 

www.ararechantravel.com