アラフォー女バックパッカーの無敵の旅の話

働きながら、少ない給料と有給休暇をフルに使って旅をしている勝手気ままな女の旅の話。旅で撮った写真もはさみつ

【熊野古道(中辺路)のオススメ宿】ジェイホッパーズ熊野湯峰ゲストハウスは温泉つきで1泊3000円台!】

こんにちは、あられです。

風邪をひいて、無駄に有給休暇を2日も消費してしまい、それが悔しくてまた熱が出そうです。

旅以外で有休を使うのは無駄使いと思っている私。有休は年間20日しか貰えないので、体調管理にとても気をつけているのですが仕方ないですね。「年間20日のためじゃなく、仕事に穴をあけないために体調管理やろ!」というツッコミに対しては、「休みを充実させることが、結果的に仕事のパフォーマンスもあがるんやで」という反論を忍ばせつつスルー。

ま、しかし、風邪が治って出勤したら、事情を知らない仕事関係の人からは、「今回はどこに行ってきたの?」と言われるあたり、私が旅に出る人間だということが知れ渡っており、今後も休みやすいなと思った次第です。

さて、風邪をひく前に、新年1発目の旅に行ってきたのですが、2018年の最初の旅のお宿をご紹介します。

熊野古道の湯ノ峰温泉に新しいゲストハウスが登場

f:id:norimakiararechan:20180119124221j:image

和歌山県の熊野古道を歩きに行く時、大体、川湯温泉のまつや(熊野古道② 熊野古道を何度も歩き中辺路完全踏破【宿は川湯温泉のまつやで決まり!】)に泊まるのですが、2018年は新しい宿を発掘してみようと思い調べてみたところ、川湯温泉のお隣の湯ノ峰温泉に2017年10月から新しいゲストハウスがオープンしているという情報を見つけました。

バックパッカー御用達のゲストハウスでおなじみ、ジェイホッパーズさんです。

私も岐阜県の高山のジェイホッパーズに泊まったことがあるので、できたばかりの「ジェイホッパーズ熊野湯峰」に泊まってみることにしました。 

ジェイホッパーズ熊野湯峰のおすすめポイントは?

 

 

 

その① 新しくていい!

f:id:norimakiararechan:20180119124155j:image

もともとあった民宿「小栗屋」を改装して2017年10月にオープンしたようなので、設備は新品!気持ちいい!

洗面台やベッド、トイレもキレイで居心地抜群、寝心地抜群でした。私のようなIKEAファンの方には、「あ、これIKEAやな。あ、これも!」という宝探し的な楽しみ方もできます。

f:id:norimakiararechan:20180119124033j:image

その② 日本の民宿らしさもまたいい!

共有スペースにはなんといろりとコタツがあります。のんびりできました。外観も味わいがあります。

f:id:norimakiararechan:20180119123933j:image

その③自由に使えるキッチンが便利!

海外のゲストハウスのようにキッチンが自由に使えます。

調味料から調理器具までいろいろ揃っています。トースター、電子レンジ、お湯のポットもあり、なんと炊飯器のご飯も自由に食べれます。これが私が声を大にして言いたい良かった点です。

ご飯、白飯があるという幸せ。

f:id:norimakiararechan:20180119123621j:image

持参したふじっこをまぶしておにぎりにして、熊野古道の途中で食べました。
なんで外で食べるおにぎりはこんなに美味しいのかしら?

最高でした。
また、トースターで持参したお餅を焼いて、砂糖と醤油を使わせてもらい、いろりの前でお夜食。那智駅前で買ったみかんも思わず4つ食べました。冬の夜はこうでなくっちゃ。

f:id:norimakiararechan:20180119123602j:image

別の家族は食材を持ち込みお鍋をしていました。そういうのもいいですね。

その④ なんと温泉付き!貸切で。

これは、なかなか珍しいのではないでしょうか?

国内のゲストハウスで温泉付きに泊まったことがありません。(そもそも海外のゲストハウスにもない!) 

露天風呂1つ、屋内風呂2つあり、空いている時に自由に使っていいスタイル。風呂の前の札を「使用中」にひっくり返し、中から鍵を閉めれば貸切温泉です。

湯質も良く、スベスベになりました。隣のお風呂からは韓国語のお喋りが聞こえてきました。インターナショナル温泉なシチュエーションがなかなか面白かったです。

ただ、古い民宿の名残でシャワーや蛇口が古くてお湯の出が今ひとつでした。私はそれほど不満に感じずに済んでます。

f:id:norimakiararechan:20180119124106j:image

あと、外には足湯コーナーもあり、本を読みながら足湯をしている欧米人がいました。格好良かったです。

その⑤寝床スペースが広い!

女性専用のドミトリータイプ(6人用)に泊まりましたが、寝床がめちゃくちゃ良かったです。

布団の横に畳半畳ほどのスペースがあり、そこに翌日に着る服を並べておいたり(意外と神経質な私は準備をして寝たい派)、荷物整理もしやすい。そして安いグラグラした二段ベッドではなく、木ではめ込まれた?寝床なので、上の人が寝返りを打ってもギシギシ言わない。地味かもしれませんが、これは意外とドミトリーで泊まる時に大事なポイントです。熟睡度が変わってくるので、ギシギシ言わないベッドであることは見逃せません。

カーテンもついていてプライバシーも保てるし、コンセントもあるし、ほぼ個室です。他に泊まってた人が誰か分からないくらい。(共有スペースでお顔は拝見しましたが。皆さんいい人そうでした。)おかげでぐっすり眠れました。

その⑥安い!一泊3150円!

安い。

これに尽きます。個室もありますが、ドミトリーで全然問題ないです。共有スペースは広いし、食事はついてなくても、台所とごはんがある。温泉も入れて、親切な宿のお兄さんお姉さんが色々教えてくれます。海外のゲストハウスや安宿、ドミトリーが怖い人はここで練習してもいいかも。ゲストハウスの良さがここに全てありました。

毎回お世話になっていた川湯温泉まつやさん、ごめん。

ひとり旅の時は、もうこれからは完全にここに決めました。まつやもいいんです。温泉サイコーやし。

でも、しばらくはジェイホッパーズ熊野湯峰に浮気します。旅先での自炊の楽しみもあるから。

誰かと来る時はまつやに行くからね。

というわけで、熊野古道を歩かれる方に、全力で「ジェイホッパーズ熊野湯峰」をおすすめします。