アラフォー女バックパッカーの無敵の旅の話

働きながら、少ない給料と有給休暇をフルに使って旅をしている勝手気ままな女の旅の話。旅で撮った写真もはさみつ

【メキシコ旅・準備編】2018年の死者の日(Diá de los Muertos)のパレードはいつなのかようやく判明!

こんにちは、あられ(@n0riarare)です。

キューバ旅の前に、トランジットで立ち寄るメキシコで「死者の日」をチラ見しようと思って色々調べていました。

メキシコシティで死者の日のパレードが行われているらしく、

死者の日の当日ではないらしい。

例年、前の週の週末に行われるらしい。

と言っても2016年から始まったから絶対とは言い切れないらしい。

この「らしい」だらけの未確定情報だったので、一体2018年の死者の日のパレードはいつなのか?

そのあたりを調べた結果を整理しておきます。

 

メキシコの「死者の日」とは?

死者の日と言えば、映画「リメンバー・ミー」で描かれた世界観。

映画を見る前から、メキシコには死者の日というお祭りがあり、

ガイコツをモチーフにしたメキシコ雑貨が多いこと、そのガイコツがなんだかユーモアで、死者の日もカラフルなモチーフが多いというイメージがありました。

リメンバー・ミーを見てから、死者の日の意味も知り、より一層あの世界観に魅力を感じ憧れを抱いてしまいました。

Wikipediaによると、

死者の日(スペイン語: Día de los Muertos、英語: Day of the Dead)はラテンアメリカ諸国における祝日の一つ。

特にメキシコにおいて盛大な祝祭が行われる。

死者の日には家族や友人達が集い、故人への思いを馳せて語り合う。

祝祭はカトリックにおける諸聖人の日である11月1日と翌日2日に行われる。

11月1日は子供の魂が、2日は大人の魂が戻る日。

日本のお盆に近い位置付けであるが、あくまで楽しく明るく祝うのが特徴。

死を恐怖するのではなく、逆にあざ笑うというモチーフとなっている。

市街地はマリーゴールドの香りに包まれ、公園には露店が立ち並ぶ。

メキシコでは2500-3000年前から、死と生まれ変わりの象徴としてガイコツを身近に飾る習慣があった。

とのこと。

日本のお盆のような風習が、日本から遠く離れた国でも形を変えて行われていることにとても興味を惹かれ、メキシコへ死者の日を感じに行きたい気持ちがぷくぷくと膨らんでしまい、行くことになってしまいました。

パレードは映画「007 スペクター」から始まった!

死者の日の当日の11月1日か2日にメキシコに行こうと思っていましたが、どうやらその1週間前くらいからお祭りムードが高まっているらしいとのこと。

そういや、映画007 スペクターで見たあの死者の日のパレードっていつやってるのかな?

あれを見たいな。


Spectre- Opening Tracking Shot in 1080p

と言うわけで調べてみたところ、あのパレードは2015年の映画の撮影用のパレードで、それまで行われておらず、映画で好評だったから2016年、2017年と行ったイベントとのこと。

嘘から出た真実のような話。

なので、パレードの歴史は浅く、伝統あるイベントではないため、メキシコでは賛否両論あるような雰囲気。

私はディズニーやUSJのパレードなど興味を持たずに生きてきたのですが(パレード見るくらいなら絶叫系マシンに乗りまくりたい派)、なぜだかあのパレードは見てみたいと思ってしまいました。

仮面舞踏会とか仮装パーティーに憧れがある私。

ハロウィンではないけど、ガイコツのロックな感じのパレードに惹かれて仕方ありません。

しかし、歴史の浅いイベント。

まだ2回しか行われておらず、2018年も本当にやるのか分からない。

これまでの2回の傾向から死者の日の前の週の週末に行う予想がされていましたが、はたして?!

思いついてはいろんなサイトを調べたりして情報を探していました。

2018年のパレードは10/27(土)に開催!

日本語で書かれたブログもいくつか見たのですが、どれも確実とは言えないのでは?と疑ってしまう私。時々、28日にやるよ、とか、11月2日にやるよとかいろんな情報が錯綜。(11月1,2日には別の仮装パレードも行われるらしいです。これも「らしい」情報)

それに外国のイベントのことだから、いつ決まるか、中止になるか定かじゃないし。

あやふやな情報を信じられない性格の私は、もうメキシコシティの公式のイベント発表を待つしかないなと思い、

  • 「Diá de muertos」
  • 「desfile(パレードという意味のスペイン語)」
  • 「CDMX」※メキシコシティはCDMX(Ciudad De México)と略

のワードで時々google検索してパトロールしていました。

そして最近やっと発見したのは、スペイン語で書かれたメキシコのサイト。

CDMXのDía de los muertos のイベント情報がようやく正式にアップされ始めました。

 

 

良かった良かった! と言うわけで、

2018年の死者の日のパレードは

10/27(土) 11時〜16時

スタート地点はEstella de luz(光の柱)

が正式に発表されています。

f:id:norimakiararechan:20181007233412j:image

でも別のサイトでは開始が16時となっている(以下)ので、これは現地で確認するしかないです。

f:id:norimakiararechan:20181007233423j:image

予想通り、死者の日の前の週の週末(土曜)に行われます。

お祭り気分で「死者の日」という神聖なる日を楽しんでいいのか少し考えましたが、楽しく明るく祝う日という位置付けなので、堂々と楽しんでこようと思います。

他にも色々イベントがあるようなので楽しみです。

世界のお祭りを見に旅したい

これまで、私は、色々な国で祭りの日程に合わせて旅してきました。

せっかく旅するなら何かスペシャルな日を体験したいと思ってしまうから。

インド・ラダック地方の、ラダックフェスティバル

タイ・チェンマイのロイクラトン(ランタンフェスティバル)

ベトナム・ホイアンのランタンフェスティバル

台湾のランタンフェスティバル

スペイン・バルセロナのバルサ祭り

スペイン・コルドバの十字架祭りとパティオ祭り

などなど。

 

今回はメキシコの「死者の日」という、年に一度の祭りのために、結局トランジットというよりも、「メキシコ4泊」という、割とメキシコを満喫するプランに変更しました。

祭りに合わせて旅をするのが好きだけど、

人が多くてウンザリした前回のスペインのパティオ祭りの二の舞にならないか、少し心配…。

コルドバで人の多さに酔い、疲れ果ててウンザリしたものです。

 

でも、メキシコでは、人が多くても死者の日の仮装や、骸骨のパレードが楽しそうなので、大丈夫だろう、と根拠なく思う…ことにします。

人が多くてしんどくなったら

テオティワカン遺跡か、

近未来的な図書館(まるでSF?世界一クールなメキシコシティの図書館 [メキシコ] )にでも逃げよう…。

メキシコシティへは成田からANA直行便で7万マイルで行けます!

私はメキシコシティまで、貯まったANAのマイルを使ってタダで飛んじゃいます。

マイルを貯めるには、

ポイントサイトのハピタスを使ってポイントを貯めて、それをマイルに変えてます。

ハピタスを使ってポイントを貯めはじめてからじゃんじゃんマイルを貯めてるので、

興味のある方は、こちらからハピタスに登録をどうぞ!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ここから登録後7日以内にハピタスを利用すると、最大1000pt(現金1000円分)プレゼントされるキャンペーン中です。